Twitter

Amazon

無料ブログはココログ

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005.06.29

あんがいpodcastがiPodをアップグレートさせるキラーコンテンツになるかも

iTunesが4.9にバージョンアップし、Podcastを標準対応していた。(apple)

 podcastは時々聞いていたが、iTunesで直接扱えるようになって、更に便利なったと思う。

 単純に適当に音楽を聴きたいだけなら、iPod shuffle、またはminiを購入すればよく、 数十ギガあるiPodを買う必要性が減っていたけど、podcastがさらに盛り上がったら、 案外podcastがiPodをアップグレートさせるキラーコンテンツになるかも。

 iPod上でpodcastを聞きたい場合、shuffleだと曲選択できないので不便だし、 podcastってMP3を自動的にダウンロードするので、30分ほどの番組を五つぐらい登録すれば、数日で数百メガになり、 けっこう用量使うのでminiでも心もとなくて、より多くの用量をもつiPodがほしくなるとなあと思ったのだけど、 (それにカラー化したみたいだし)いま手元に金が無いというか、最近、キャノンのプリンターが故障したので、先にプリンターを買わなくては。 orz

COLDPLAYのCDを買おうとして

  CDを買いに行ったところ、普段よく利用していたCDショップがつぶれていた。それで近くのお店を見に行ったら、 一階部分が他のお店に代わって、店の大きさが過去の半分ぐらいに縮小されていた。

 やはり台湾の音楽業界って不況なのかと思いながら、買おうと思っていたCOLDPLAYのX&Yを探す。 それはすぐに見つかったが、パッケージをよく見てみればCCCDだった。  最近は音楽はiTunesとiPodを使い聞いているので、iPodで聞くことができないCCCDは購入する気になれず、 結局購入するのを止めて帰宅。

 帰宅後、Kuroを使って、COLDPLAYのX&Yを検索してみると、大量のコピーが見つかった。 安易なコピーを防ぐためにCCCDで発売しているのに係わらず、すでにネット上では大量にMP3が流通して、 CCCDを採用した意味が既になくなっている。過去のエントリーでも書いたとおり(参照) 、現時点の台湾ではP2Pで音楽をダウンロードすることは違法ではでない。そのため多くの人がKuroなどP2Pソフトを利用して、 音楽をダウンロードしている。実際にお金を支払い、合法的に手に入れたリスナーのみが不便をこうむる形になっている。

 現在の台湾ではCCCDを利用しているのはEMIなど米系のレコード会社が多い、 少し前ではAVEXなど日系のレコード会社が最も積極的にCCCDで発売していたが、日本国内でCCCD採用を減少させて以来、 台湾内でもCCCDの発売も減らしたように思える。

 チャイナポップも同様で積極的にCCCDを利用しようとした時期があったが、売り上げが優れなかったためか、 最近ではCCCDの採用はかなり減っているように思える。

 だがアメリカのレコード会社のCCCDの採用はここ1,2年増加しているように思える。日本のアマゾンを見てみると、 CCCDを採用しているのは日本、台湾共に共通しているので、台湾の現地企業の判断ではなく、アメリカ本社の意向で、 こうしているのだと思う。

 日本ではCCCDを購入したくなければ、輸入版を購入すればいいのだが、台湾の場合では、 輸入版を扱っているshopがほとんど無いので、そうしたCDをiPodで聞きたい場合はどうしようかと思う。

違法ダウンロードは問題あるし、Kuroでダウンロードする場合は、 ダウンロードしたMP3の音質が一定していないのであまり好きではない。

 最近は売れ筋のCD以外にも、一部の人間しか購入しないと思われるJazzなどのCCCD化が進んでいるため、少し萎える。 先日もJohn coltoraneのBlue Trainを購入したら、後でCCCDだったことに気づいて後悔した。 Jazzの市場なんか限られているし、CCCD化させる会社側のメリットがいまいち理解できない。

2005.06.26

高金素梅が北京の大学入試試験に参加

 中国当局の支援を受けていると噂されている高金素梅が北京の大学入試試験に参加したという報道。

 聯合新聞網の報道によれば、

 立委高金素梅昨天到北京參加大陸的港澳台大學招生考試,她報考中央民族大學人類學系, 希望能多了解各地少數民族的分布情況。

高金素梅昨天連同其他近廿名台灣學生到北京大學,參加今年大陸大學的港澳台招生考試。

中共國台辦( 新聞 網站)官員獲悉她來考試後,還特別電話致意。

高金素梅還提到日前的靖國神社抗議行動。她說,九月聯合國抗議之舉仍密集準備中,她會尋求NGO(非政府組織)單位的協助, 到聯合國發聲,要世界各國重視日本靖國神社問題。

 立法議員高金素梅が昨日、北京で港澳台(香港、アモイ、台湾) 向けの大学入試試験に参加した。金素梅は中央大学人類学部の試験を受け、各地の少数民族の状況をより理解したいと述べた。 [中略]
  中国の 台湾事務弁公室 の役人は金素梅が入試試験を受ける情報を得た後、 特別に電話をかけ挨拶をした。

 高金素梅はさらに現在の靖国神社の抗議運動について、9月に国連で抗議活動を行う準備をしており、NGOの助けを求め、 国連で発言し、世界各国に日本の靖国神社問題を重視するように訴えるつもりだと取材に答えた。

 台湾では現在も大陸の学位を認めていないが、在任立法議員が中国の大学に入学するのは問題じゃないの、 それよりも中国当局の支援を受けていると噂されている高金素梅が、台湾の大学ではなく、中国内の大学に入試を受け、その最中、 台湾事務弁公室から挨拶をうけるというのは、自分は中国の支援を受けていることを内外に明言しているようなものじゃないのか。

 国連で日本に抗議する活動を計画しているみたいだが、日本に抗議する以前に、国連での台湾の議席を確保するのために、 何の発言をしようとしない点も少しおかしい。だいたい中国こそが台湾が国際社会に参与し、発言する最大の障害になっているのに対して、 中国には何ら発言をしない点が高金素梅の本質を表している様に思える。

2005.06.25

台湾で、再びアメリカ牛の輸入を禁止。

美國農業部證實美國有第二起狂牛症,行政院發言人卓榮泰中午表示,行政院長謝長廷與經濟部、衛生署聯繫後, 決定即日起全面禁止美國牛肉進口。(http://news.yam.com/cna/politics/200506/20050625428533.html )

アメリカ 農務省が狂牛病の感染を確認したことを受けて、 台湾の行政院スポークスマンの卓榮泰は午後、行政院長謝長廷と経済部、衛生署の連絡の後、 本日からアメリカ牛肉の輸入を全面的に禁止することを発表した。

 日本でも報道されているように 台湾では2003年12月に輸入を禁止したが、2005年4月16日、生後30か月以下で、 脳や脊髄(せきずい)などの危険部位が除去された牛肉の輸入を再開していた。

 元々、アメリカの狂牛病対策は業界の圧力によって、検査が不十分だといわれていたが、それを証明することになり、 わずか二ヶ月で再び輸入禁止を決められた。元々、輸入解禁には消費者団体などから疑問を出されていたのだが、 台湾が日本より先に牛肉輸入解禁を決めたのは小国がゆえの哀しさというべきか。アメリカは確認検査方法改善を表明している ( 毎日新聞)が、今度はいつ解禁されるのかよく分からない。

 個人的に気になるのは、以前のエントリー「台湾吉野家、 再び牛丼発売禁止の危機? に書いたように、 最近ようやく牛丼販売を再開した吉野家はどう対応するのかという点。

 読売新聞の報道では、

 吉野家の現地法人・台湾吉野家は6月1日から、牛丼販売を約1年3か月ぶりに再開しており、「販売は続ける予定」としつつも、 「今後の情勢を見て判断していく」と述べている。

と販売を続けると表明しているが、アメリカ牛肉のストックがなくなった後はどう対応するのか、その外、 吉野家はアメリカ製牛肉を利用していることを大々的に謳っているので、消費者がアメリカ製牛肉危険だと思って、 避けることはないのだろうかとも思う。

 それ以上に日本の吉野家は今後どうするのだろう、今回の件で、 日本国内の米国産牛肉の輸入解禁は更に先送りされる可能性が高くなったと思えるが、デフレ時代の勝利者だった吉野家が、 利益を生み出す構造が、今では逆に致命傷になっているのが、同情する。

2005.06.24

日本人観光客が台湾人十数人に殴られ、5人けが

読売新聞の報道によれば、

台湾の台北市の繁華街・万華地区の海鮮料理店で23日夜、日本人団体観光客7人が、 台湾人客十数人にビール瓶や鉄パイプなどで殴られ、5人がけがをした。うち1人は左腕を骨折した。

 日本の対台湾窓口、交流協会台北事務所によると、日本人観光客が食事を終えて談笑していたところ、 近くにいた台湾人客が、「日本人にののしられた」と誤解して、殴ったという。

 地元警察は、「台湾人客の代表が示談金を支払って決着した」と説明。一部台湾紙は、 尖閣諸島の領有権問題がけんかの原因と見られると伝えたが、同警察は「事実ではない。お互い言葉が通じなかったのだから」と否定した。

ちなみに尖閣諸島の領有権問題がけんかの原因だと無責任な報道したのは、東森電視台の報道。 東森電視台は視聴率のためなら、誤報もいとわないので、そうした誤報が非常に多い。

 それが誤報だと分かった後も、記事の修正はせず、無責任に Hello Kitty磁鐵惹禍 台日客海產店大打出手 と続報。

 一群日本觀光客昨天晚上在台北萬華一間海產店吃宵夜,其中一個日本人拿著Hello Kitty磁鐵一邊玩一邊笑,隔壁桌的台灣人以為日本人在恥笑他們,雙方發生口角,結帳時20多人打成一團雙雙掛彩。 誰先出手?雙方各說各話,最後以15萬元和解。

 日本人観光客が台北萬華の海鮮料理店で食事中、Hello Kittyのマグネットを手に持ち、遊びながら、笑っていたら、 隣の席に座っていた台湾人が彼らを馬鹿にして笑っていたと思い込み、双方で口論が起きた。そして勘定の際、20数名での喧嘩となった。 どちらが先に手を出したのか、双方言い分が異なるが、最終的に台湾人側が15万元の慰謝料を支払って、和解した。

 台北の萬華って、多分、 龍山寺近くの屋台街だと思うけど、萬華は台北内で最も治安が悪いところで、多分、観光客の隣に座っていたのが、ヤクザだったのだと思う。 というか喧嘩中、鉄パイプを持ってくるのは、やくざかチンピラ以外いないと思う。せっかくの旅行中にヤクザに因縁をつけれられて、 怪我をするというのは本当に運が悪いとしかいいようないと思う。

 台湾ってヤクザのボスが立法議員を務めていたりして、ヤクザの力が強いという印象。先日、 有名なヤクザのボスが病没した際、日本のやくざもわざわざ、葬式に参加して、大きく報道されたこともあった。

陳水扁が尖閣諸島問題に対して、国民党らを風刺

  阿扁談護漁 漁權非「主權」

【本報訊】據中央社22日電:陳水扁22日與黨籍縣市長座談, 與會者轉述他稱,這次是漁權問題,不是「主權」問題,民進黨從來沒有改變釣魚台屬於台灣的立場,「沒有必要照三餐講」。「國安會秘書長」 邱義仁表示,下個月和日本的漁業談判,將以共同漁場來談判,不談「主權」問題。

 陳水扁稱,護漁如果要不惜一戰,護台要不要也不惜一戰?大陸制定 《反分裂法》,說台灣是中國的,要不要也不惜一戰?不能有雙重標準,不要亂講話混淆視聽。護漁是爭取漁民的權益,和「主權」無關。 下個月就要進行漁業談判,「外交」上談才有辦法解決問題。

 尖閣諸島漁業権を巡る国民党などを中心とする台湾内での日本への反発に対して、 陳水扁は国民党のダブルスタンダードを風刺し、これらの批判とは一線を画すことを明言した。

 この問題は、漁業権の問題であり、「主権」の問題ではないと主張した。 民進党は釣魚台は台湾に属すという立場に変化はなく、改めて主張する必要はなく、「國安會秘書長の邱義仁によれば、 来月日本と漁業権について交渉し、共同漁場の観点から話し合い、主権問題について交渉することはないと示した。

 さらに陳水扁は国民党内などでこの問題で日本とも戦争も辞さずという強硬な意見もあることについて、大陸が 「反分裂法」を制定し、台湾は中国の一部だと主張した際も、一戦も辞さないと強硬な意見を言うのだろうかと、国民党などは反分裂法の際では、 具体的な抗議活動を行わないどころか、党主席が大陸を訪問し、和平気分を演出した国民党のダブルスタンダードを風刺した。 そしてこの問題の重点は漁民の権益を守ることであり、「主権」問題とは一切関係ないことを強調した。

 近年、日中間の緊張から日本が台湾に少しずつ歩み寄る動きがあるように思えるが、(例えば、 李登輝の日本訪問、町村外務大臣が「台湾は日米安保同盟の防衛範囲内であることを明言した事など)そうした動きを阻害させ、 何よりこの問題でさらに中国の介入を招き、事態を更に複雑しかねない。台湾の立場からみても、国益に沿わないように思える。

 元々安保理の常任理事国の一員だった中華民国が、現在の国際的孤立に陥り、 その主な主因の一つは時代錯誤的で、無能な国民党の外交政策だったわけだが、
 現在、台湾を側面から支援できる数少ない国である日本と対立させようとする国民党らの動きは、外交能力の欠如というか、 面子のために国を滅ぼしかねない訳で、正直呆れる。

 

2005.06.23

中国の気候がガチンコに異常な点について

最近、中国の天気がマジで異常なようだ。

 中国南部の洪水で80人が死亡、 70万人が避難

  [北京 23日 ロイター]  中国の英字紙チャイナ・デーリーは23日、中国南部で豪雨による洪水が相次ぎ、これまでに死者80人、 行方不明者38人、さらに約70万人の避難民が出ていると報じた。  

 全国で536人死亡 中国の集中豪雨災害

 【北京23日共同】新華社電によると、 中国南部の広西チワン族自治区や広東、福建両省などを中心に先週末から続いていた大雨による洪水の被害が拡大、 23日夕までに全国で計536人が死亡、137人が行方不明になっている。

このように中国南部では大水害が起き、多くの死者、避難者が出ている一方、北部では記録的な酷暑が記録されている。

 【中国】 北京:いきなり酷暑!ホットパンツなお嬢さん登場

 中国情報局が、中国情報局らしく能天気な記事を載せているが、
実際にはずいぶん深刻な印象を受ける。

  華北連日高溫十年罕見 北京用電負荷創歷史新高

 今天,華北地區進入了第4個連續高溫日,最高氣溫將在37℃以上。氣象專家分析, 根據歷史資料,華北地區目前出現的連續4天大範圍高溫,近十年來罕見。  

 訳 本日、華北地方では四日連続で高温日となり、最高気温は37度以上となった。専門家は、 歴史資料に拠れば、現在、華北地方で四日間連続で高温なったのは、ここ十年来なかったことであると分析している。

  さらに、 内モンゴル西部では40度以上の最高気温を記録している。

 中國北方大地持續高溫熱浪滾滾 各地相繼發預警 

太原持續高溫“撂倒”不少人

  張墨太原報道:晴空萬里,烈日灼灼。地處黃土高原的太原城首次發出高溫警報。 來自太原市氣象臺的消息稱,氣溫已由預報中的三十六攝氏度一路躥至四十攝氏度,創下今年入夏以來的日氣溫最高值。

 

  太原市的各大醫院從昨天開始,急診、內科、消化科的病人驟然增多,並以熱傷風、慢性病、 腹瀉、外傷病人為主,

 

 太原市の気象局のよれば、気温が元々の気温予想の36度から40度まで上昇し、 今年夏に入って以来の最高値を記録した。

太原市の各病院では昨日から、 急診、内科、消化科の病人が増加し、並びに熱中症、慢性病、腹痛、外傷の病人が中心である。


 気温の上昇で、体調を崩した人が相次いだ模様。

 蘭州六月平均氣溫創七十二年來最高紀錄

  王華、杜凱蘭州報道:來自蘭州氣象臺統計數據顯示, 今年六月中旬,蘭州市旬平均氣溫達二十三點六攝氏度,比去年同期高出三度左右,創下七十二年來旬平均氣溫的最高紀錄。

蘭州の6月平均気温は72年来で最も高温を記録。

 蘭州気象局の統計によれば、今年六月中旬、 蘭州市平均気温は23、6度を記録し、昨年同時期と比較して、3度以上高温で、72年来、同時期で最も高い平均気温を記録した。

  北京供電 959.9萬千瓦破去年紀錄

    昨日,北京全市電力負荷再攀40萬千瓦。16時,打破去年943萬千瓦的歷史最高, 一路飆升到959.9萬千瓦。為此,市發改委和北京電力公司發佈了代表輕度緊缺的北京電力供需“綠色”指數。

    不僅負荷量一路走高,更值得指出的是,今年高峰比去年早了一個月。昨天, 記者從市發改委網站獲悉,原定於7月1日開始的各項調控措施提前啟動。

昨日、 北京全市での電力の負荷は更に40万ワット上がり、午後四時、昨年記録された943万ワットを超え、959,9万ワットまで上昇し、 市電力委員会と北京電力会社は、軽度の電力不足を示す「緑」指数を発布した。

 負荷量が更に上昇した以外に、 さらに指摘すべきことは今年の最高値は昨年より一ヶ月早く、元々7月1日から開始される各調節措置の予定を前倒して開始することになった。

 北京供水 238. 6噸創五年新高

    6月21日, 市區供水創下近五年的最高日供水量———238.6萬立方米,超過自2001年以來的最高日供水量235萬立方米。 隨著近兩日的持續高溫,市自來水集團有關負責人預測:未來兩天市區供水量將保持在238萬立方米左右。 供水量猛增的主要原因是近幾天本市的持續高溫。

 北京の給水量も23, 6トンを超え、ここ五年間で最も高い数値も示している。今後、7月、8月なった後、電力不足、水不足になる危険がないのだろうか、 他人事が気になる。

  暑い!( 毎天在北京)

 今日の北京は天気予報では最高気温38度でしたが、 実際には38.9度あったとか。明日も39度くらいになるそうです。病気になっても39度まではなかなかならないのに、なんと言う暑さ! 今日はお昼間に少しだけ外に出たのですが、ずっと”あづー…”とひとり言を言っていました。 こんなに暑いと本当に北京がもうすぐ砂漠になってしまう気がします。

北京在中の人も大変そうだ。

 中国は急速な経済発展の中、 環境政策がなおざりになっているのは周知のことだが、こうした環境破壊と近年の異常な気候と関係があるのか、個人的に気になる。

 

 

GoogleMapsで台北の街を見てみる

 最近、GoogleMapで、見れる範囲がアメリカ国内だけでなく、世界中に広がってようで、 台湾の町並みも一部見れるようになっていたので、早速遊んでみた。

中正國際機場
http://maps.google.com/maps?ll=25.080693,121.236749&spn=0.009806,0.015836&t=k&hl=en

總統府
http://maps.google.com/maps?ll=25.040063,121.512319&spn=0.004903,0.007918&t=k&hl=en
 元総督府、日本統治時代に建築され、建物が「日」の形になっている。

中正記念堂
http://maps.google.com/maps?ll=25.035675,121.519496&spn=0.004903,0.007918&t=k&hl=en
 蒋介石死後、それを記念して建築された建築物。ここの地下は防空壕になっているといううわさを聞いたことがあるけど、 本当の事がどうだか分からない。

228記念公園
http://maps.google.com/maps?ll=25.041597,121.515613&spn=0.004903,0.007918&t=k&hl=en
戦後、国民党が台湾を接収した後、国民党の圧制に台湾住民が反発して発生した228事件を記念して、造られた公園、 ちなみに公園北部にある建物は日本統治時代に作られた台湾博物館

台北駅
http://maps.google.com/maps?ll=25.047573,121.516750&spn=0.004903,0.007918&t=k&hl=en
台湾の交通の中心の台北駅、台北のランドマークの一つ

新光大樓
http://maps.google.com/maps?ll=25.045888,121.514969&spn=0.004903,0.007918&t=k&hl=en
101ビルが完成するまで、台北で最大の高層ビルだった。台北駅の真正面

国父記念館
http://maps.google.com/maps?ll=25.040288,121.538197&spn=0.004903,0.007918&t=k&hl=en
孫文を記念して作られた記念館

圓山館店
http://maps.google.com/maps?ll=25.078815,121.525666&spn=0.004903,0.007918&t=k&hl=en
元台湾神社が建築されていた場所に、戦後蒋介石婦人 宋美齢がホテルを作らせた。 法的には違法建築

台湾大学
http://maps.google.com/maps?ll=25.019968,121.537467&spn=0.004903,0.007918&t=k&hl=en
台湾の最高学府

その他

空軍基地
http://maps.google.com/maps?ll=24.262673,120.631353&spn=0.004603,0.007918&t=k&hl=en
詳細はよく分からないけど、空軍基地らしい場所を発見。

 こうした詳細な衛星写真は一部地域のみで、台湾の大部分、大きな衛星図からしか見ることができず、 台北内でも101ビルがある信義区になると、詳細な衛星写真がなかったが、衛星図だけでなく、 アメリカと同じように地図のサービスも始めてくれれば、ひじょうに便利だと思う。

2005.06.17

ワイルドスワンの作者Jung Changが新作を発表

ワイルドスワンの作者Jung Changが、とうとう毛沢東をテーマにした本を出版した。

 Mao : The Unknown Story Amazon.com, Amazon.co.jp

 ベストセラーになったワイルドスワンのあとがきでも、次の作品には毛沢東について書きたいと述べていたと思うが、 それから何年たっても発表が無かったので、執筆活動はやめてしまったのか、思っていたのだが、実際には何年もかけて、 毛沢東の関連資料を収集し、地道に執筆を続けていたようだ。

 ワイルドスワンは Jung Changの祖母、母親、そして彼女自身、 自叙伝的な形式で、近代中国百年間の歴史を語る名作で、日本でも大ベストセラーになった。
 近代中国史を語る際、毛沢東を中心とした共産党など「上」からの視点から、近代中国を見つめる視点が主流を占めていた。 特に戦後日本では共産党シンパの知識人が多く、そうした共産党支持の視点のみから中国を見ていた。 だがワイルドスワンではその激動の時代を経験した中国人自身の言葉で、その経験を実直に語り、その内容にとても衝撃を受けた。

 この毛沢東に関する新作もまもなく日本語に翻訳されるだろう。

 大学時代、初めて中国へ短期留学へ行き、たどたどしい中国語で周恩来を専門に研究する学者と話していたら、 日本では大ベストセラーになっていたワイルドスワンの話をしたら、その学者はその本の存在自体を知らず、 改めて中国内の情報統制を肌に感じたことを思い出した。

  ワイルド・スワン〈上〉 ワイルド・スワン〈中〉 ワイルド・スワン〈下〉 

続きを読む "ワイルドスワンの作者Jung Changが新作を発表" »

2005.06.16

高金素梅って何者?

 先日、台湾の立法議員が靖国神社で抗議活動を行ったため、日本、台湾でもその関連ニュースをよく見る

 今年の4月に台聯の党首が靖国神社を参拝した時、やはり高金素梅が抗議を行ったが、 その後高砂義勇軍の生き残りのおじいさんらが高金素梅の事務所へ、抗議へ行っている。 ようするに彼女が原住民の主張を代弁しているわけでは無い。

 そもそも高金素梅って何者なのか。

台湾の声を主催する 林建良氏が2003年の正論で、彼女について詳しく述べている。 参考元リンク

  彼女の母親は台湾原住民のタイヤル族だが、 父親は戦後台湾に渡ってきた中国人軍人(外省人)である。 (中略) 芸能人を目指していた彼女は、台湾中部の「青年高校」(演劇科)卒業後、すぐ芸能界に入り、映画やテレビドラマに出演し、 歌手としても活躍した。しかし、芸能活動よりもスキャンダルが彼女を有名にしたのだ。数々の不倫騒動から「誹聞天后」(スキャンダル・ クイーン)のあだ名をマスコミに付けられ、しばしばワイドショーや週刊誌のタネにされた。 

タレント時代の彼女は、「金素梅」の名前で芸能活動を行い、原住民の身分を隠していた。 比較的に当選しやすい原住民枠で立候補するため、彼女はタイヤル族である母親の苗字を加えて、高金素梅としたのである。 選挙キャンペーン中、彼女は台湾原住民の民族衣裳をまとい、顔に刺青模様のペインティングを施し、派手なパフォーマンスで話題を呼んだ。 素朴な原住民には決して真似のできない振る舞いと得意の演技で、高金素梅は国会議員の座を手に入れたのだ。

 しかし、彼女のスキャンダルは、国会議員になってからもやむことなく、相次ぐ不倫の噂にマスコミは彼女を「情欲立委」 (欲望に溺れる国会議員)と呼んだ。

 芸能人時代、彼女は出身地を父親の出身地である陜西と称して、 現在のような原住民出身である事を主張した事は無かった。

芸能人時代に発表したCD

 

 立法議員になってからも元バスケットボールのスター選手で立法議員の 鄭志龍とのスキャンダルが連日、報道されていた。
高金素梅: 有人刻意煽動緋聞 
金素梅的真情剖白
  BBC News | CHINA NEWS | 來鴻:台灣有個"桃花院"

 スキャンダル騒動が起きたのが2002年。高金素梅が反靖国運動に関与したのは同年8 月から。林建良氏によればその頃から親中派の 「部落工作隊」 と接触し、反靖国運動の宣伝塔として、活動を始めた。 参考元 

 先日の靖国での騒動でも、中国側外交部が、高金素梅を保護するよう声明を発表をだし、 両者の関係を暗示している。参考元 (外交部相挺高金素梅有利於爭取台灣民心)

 ちなみにスキャンダル騒動の鄭志龍は最近離婚し、親民党からも除名され、彼の政治家生命が終わった。

 

続きを読む "高金素梅って何者?" »

2005.06.15

香港のディズニーランドは三時間で回れる?

 香港のディズニーランドが6年の工事を経て、約三ヵ月後に開幕される。そして先日、 香港ディズニーランド従業員とその家族に、 プレビューを開催した模様。

 しかし聯合報の報道によれば、その途中アトラクションの故障が起きたり、まだ施行中の部分も残っていたり、 まだ様々な問題が多々ある模様。(聯合報

 有參加試玩者表示,香港迪士尼比美國和法國的迪士尼,要小很多,一些員工上午十點入園, 玩了三個小時就離場。香港迪士尼樂園面積一百二十六公頃,是全球最小的迪士尼樂園。
 あるプレビュー参加者は、香港ディズニーランドはアメリカやフランスのに比べて非常に小さいと取材に答え、 ある従業員は午前10時に入園した後、三時間後には見物を終え、出てきてしまった。香港ディズニーランドの面積は126㎡で、 世界中のディズニーランドの中で最も小さい。

 香港は元々、土地面積が狭く、世界有数の人口密度を誇る場所なので、ディズニーランドを建設するにも、 土地が狭く、その規模は多国と比べると、かなり狭いようだ。

 也有試玩者批評香港迪士尼樂園只有四個主題區,機動遊戲只有十一項, 一些經典遊戲如加勒比海海盜、巨雷山、礦坑採礦列車等,香港迪士尼都沒有。
またある人は香港ディズニーランドは四つのテーマランドしかなく(ちなみに日本のは七つ)、アトラクションはわずか11しかない。 さらに香港のはカリブの海賊、ビックサンダーマウンテンなど有名なアトラクションがない。

こうした感想を見ると、日本人がわざわざ香港ディズニーランドまで見物しに行く必要はなさそうだ。

続きを読む "香港のディズニーランドは三時間で回れる?" »

2005.06.14

台湾吉野家、再び牛丼発売禁止の危機?

 アメリカで狂牛病が発見されてから、台湾でも、日本と同様に米国産牛肉の輸入を禁止していたが、 最近日本より早く牛肉輸入から解禁され、それに伴い台湾吉野家も牛丼の発売を再開した。しかし先日、 アメリカで再びBSEの疑いのある牛が発見された事によって、台湾内では、再び輸入禁止にすべきか否か議論が起きている。

 台湾の 行政院衛生署 は以下の声明を発表している。

   米国在台協会が提供した資料によれば、 米国は今年6月以降、調査対象を拡大し、これまで約37万5000頭の牛についてBSE検査を実施し、 このうち簡易検査で3頭について陽性の疑いが検出された。このため、この3頭を「免疫組織化学法」(IHC)により検査したところ、 すべて陰性反応が出され、さらに「ウエスタンブロット法」で検査したところ、3頭のうち1頭が陽性を示した。 二つの検査で結果が一致しなかったため、米国は現在この3頭のサンプルを英国の研究所に送り、最終検査を行っており、 数日内には結果が出る見通しとなっている。

 衛生署は引き続きこの問題について注意深く見守り、もし最終検査で感染が確認されれば、米国産牛肉の輸入を停止する。 国民の健康を保障することは衛生署の職責であり、われわれはこの信念を堅持し、過去がどうであれ、現在そして将来に向けて最大限努力し、 この使命を全うする。

 もし検査でBSEの感染が認められた場合、再び米国産の輸入が停止された場合、 やはり吉野家の牛丼は再び発売停止になるのだろうか。

 

続きを読む "台湾吉野家、再び牛丼発売禁止の危機?" »

2005.06.05

中国語になった「日本語」

 日本語をできるだけ排除しようとしている隣国がある一方で、台湾ではいろいろな日本語が生活の中に浸透している。 古くは台湾語の中にも、日本語から来た語彙が少なくないが、最近ではファッション雑誌などを通じて、 いろいろな言葉が台湾でも使われるようになってきている。

 聯合新聞網でそうした最近、 台湾内でも使われるようになった日本語を特集していた。


 

 油切
 「油切」の日本語の意味は「脂肪分カット」である、 中文の字面を見た意味とあまり変わらない、日本では早くから脂肪を減少させ、吸収する健康商品が使用され、 その中で日本人は中国のウーロン茶を研究し、茶葉に脂肪を分解する助け、体内に累積したのを減少させる元素が含まれていることを発見し、 「食物繊維」を配合し、飲料の中に入れ、脂肪分を人体が吸収する前に分解させるように研究開発した

キリンから発売されている油切烏龍(ユキリウーロン)」 を開発し、「油切」という茶の名称を創り出した。この名称が人をひきつけ、日本で人気商品となり、台湾進出でもこの名称を採用した。

 歐夏蕾
 こうした食品以外にも、台湾の若者や哈日族、またはファッションに敏感な女性が好む日本の雑誌もまた、 新たな日本語の外来語を生み出している、「歐夏蕾」とは服装や化粧がしゃれている女性のことを指し示す。ようするに日本語の「おしゃれ」 を表す。おしゃれの正しい漢字は「洒落」だが、「歐夏蕾」は読み仮名を直接翻訳している。

 存在感、 注目風
 従来、中国語で 「存在感」といえば、個人の存在価値を表すのだけど、ここでの「存在感」とはファッションの中で人に注目される、突出した単品のことを表す。「注目風」 とは服に男性が好む要素を加えて、少しかわいくて、 セクシーさをもたらす物を言うとの事。女性らしくても、 仕事用にも問題ない服装で、多くの通勤女性の中で、異性の視線を集めるような服装のことを示す。

 達人、 職人
 いわゆるプロの事。 多分日本のテレビ番組から「達人」とか「職人」 と言う言葉が台湾でも使われるようになったのだと思う。

 實演
 一般的にレストランなどで、お客さんの料理をその場で調理をする時に使用される。

 戰敗犬
 日本語の「 負け犬」のこと、すなわち30代以上・未婚・ 子ナシの女性の事 を、台湾では「戰敗犬」と言うように。

 絲背
 日本語の「シルク肌」がそのまま直訳されて、「絲背」と使われているよう。最近、日本のDHCが台湾の広告で「絲背」を使ってから、 台湾でも使うようになったとの事。

 小顏、小鼻、 小尻
 日本で使われる小顏、 小鼻、小尻と全く同じ意味。日本内の美容市場の流行なども台湾でも少なからず影響を与えていて、日本国内で流行した傾向が、 そのまま台湾でも流行する事が多い。


 台湾では日本で発行さえれているファッション雑誌などが普通に書店で売られていたりして、 日本の文化が非常に人気があり、日本の流行がそのまま台湾でも流行されるようになったりしている。

続きを読む "中国語になった「日本語」" »

2005.06.03

台湾史研究に役立つネット上の資料

ネットの発達によって、最近、台湾史に関する様々な歴史資料がネット上で公開されるようになっている。 図書館で何時間もかけてしていた作業がPC上で簡単にできるようになって、非常に便利になってきている。

台湾で執筆された関連論文を探す場合

全國博碩士論文資訊網
 台湾では修士、博士論文共に全て公開されており、国家図書館で閲覧可能。また最近の論文によっては、 論文そのものを公開している場合もある。

中華民國期論文索引影像系統
 こちらは1994年以降、台湾国内で出版されている学術雑誌に掲載されている論文を検索可能。

 この二つを利用すれば、自分が書こうとするテーマに関連している台湾内で発表されているたいていの論文を探す事が可能。

 

台湾史研究に関する自分がよく利用しているネット上で公開されている資料。

台湾史文献叢刊
主に清朝の資料が中心 ここで公開されている資料の目録はこちら
 劉銘傳に関するなど清朝期の台湾の歴史研究をする際には、ここで資料を探すと便利。

 臺灣總督府檔案

 「臺灣總督府檔案」は元々台湾総督府官房文書課の書庫に所蔵されていた資料で、「臺灣總督府公文類纂」永久保存卷冊6789卷、 十五年保存卷冊3226卷などが保存されている。日本の植民地時期の総督府の政策について研究するには参考しなければならない。 韓国総督府の資料は戦後、そのほとんどの資料を破棄し、見る事ができないので、台湾史研究という観点だけで無く、 日本の植民地支配の実態を実証的に研究するのは、無視できない資料だと思う。
 ただし現在のところ、總督府檔案の公開は中華民国国籍を有する人間に限られ、外国人の閲覧が許されていない。ただしこの問題は今後、 改善される予定であると関係者が話していたのを聞いた事はある。

日治時期台灣歷史數位館

 ここでは戦前台湾で執筆された書物、または植民地時代に台湾の図書館で保存され、 すでに著作権が切れたと思われている書物をPDFかJPEGで公開している。現在のところ、計1250冊ほど公開されている。  今までこれら植民地時代に出版されたこれら図書を閲覧したければ、台湾大学図書館か中央研究院、 中央図書館臺灣分館などを探さなければいけなかったが、 自分のPC上からも見る事ができるようになった事は非常に便利。
 これらの図書は、台湾に関連書物だけでなく、日本国内で出版されたのも多く含まれ、 日本の図書館でもなかなか見つからない本もあるかもしれないので、台湾史研究だけでなく、戦前の経済史、教育史、 文学史など各方面で参考になる図書がみつかるかもしれないので、収録されている図書目録を見てみる価値が十分にあると思う。

アジア歴史資料センター

 こちらは日本の 国立公文書館 外務省外交史料館 防衛庁防衛研究所図書館に所蔵されている日本とアジア近隣諸国等の歴史に関する資料公開されている。台湾に在住している自分にとっては、一番ありがたい存在。

続きを読む "台湾史研究に役立つネット上の資料" »

2005.06.02

内部告発すべきなのは誰なのか?

 先日、元FBIの マーク・フェルト氏 が1972年のウォーターゲート事件で、 重要な情報源だった 「ディープスロート」 だったことを告白した。

その直後から藍系メディアを中心にウォーターゲート事件を告発した「ディープスロート(中文;深喉嚨)」 と昨年3月19日起きた陳水扁銃撃事件と無理やり関連させて報道をしているが、その中でも飛びぬけて狂っていた記事を発見。中国時報の 傅建中が書いた 台灣何時能見「深喉嚨」?> (台湾ではいつ 「ディープスロート」を見ることができるのだろうか) その中でも特に問題なのは、以下の部分。

 台灣的政府,不論是國民黨或是民進黨,都有濫權行為, 只是程度的差異而已,面對此一情勢,我們也需要那些有勇氣「吹哨子的人」,而台灣的媒體應作「吹哨子的人」的後盾,不知「三一九槍擊案」 ,能否有朝一日出現一位知悉內情的「深喉嚨」,果真如此,台灣的公眾就有福了,而台灣的媒體,也可媲美華盛頓郵報了。

(翻訳)台湾の政府は、国民党、民進党にしろ常に権力を乱用した行為がある。違いはその少しの差異のみである、 このような状況に対して、私たちは勇気を持つ「内部告発者」が必要である。同時に台湾のメディアは「内部告発者」 の後ろ盾にならなければならない。「三一九槍擊案」についても、いつの日か内情を詳しく知る「ディープスロート」 が現れることがあるだろうか、もしも現れるならば、台湾の民衆は幸福を享受することができ、 台湾のメディアはワシントンポストと匹敵するメディアなれるのだ。

 独裁体制を築き、反対者を弾圧していた国民党政権と、 民主選挙の結果で選ばれた民進党政権を同列に議論するのは、この記者は一体どういう神経構造をしているのだろうか。

 45年以来、国民党政権は228事件、白色テロなど政府に反対した民主運動家を弾圧し、 多くの無実の人間を虐殺してきた歴史を持つ。こうした国民党の弾圧については 柯 旗化 氏の 台湾監獄島などの著作に詳しいが、

 こうした国民党の残虐な民主派弾圧は戦後直後だけでなく、1980年半ばまで繰り広げられていた。 台湾省会議員だった林義雄が美麗島事件で逮捕留置中、自宅にいた実母、双子の娘三名が1980年2月惨殺された「林義雄家族虐殺事件」、 1981年7月、国民党政権を批判していたアメリカの大学の助教授だった陳文成は警備総司令部に呼び出された後、 台湾大学内で死体となって発見された「陳文成博士虐殺事件」。
 1984年10月、「蔣経国伝」を執筆した米国籍華人作家江南が蔣経国の息子によって、 派遣されたマフィアによって暗殺された事件などが特に有名な事件である。
 現総統の陳水扁も過去の選挙中、 妻の呉淑珍が不可解な自動車事故によって半身不随となった。 反体制活動家である陳水扁氏に警告するための政治的陰謀ではないかとの説も根強い。

 こうした上記の人物以外にも、国民党の独裁体制期には多くの人びとが弾圧され、殺された。 こうした事件の多くは真相が未だ闇の中で誰が暗殺を行ったのか、その事件の全貌ははっきりしていない。

 ようするに前述のような国民党政権、民進党政権の違いは差異はわずかだったであるという書き方は、 こうした戦後台湾の血塗られた歴史的背景を全く無視している。現在ではいろいろ問題が内在しているにしても、民主社会が実現され、過去のような弾圧を恐れることなく、 政治活動、言論活動を行うことができ、民主の審判を浴びた人間によって、政治が行われている。だが過去は非民主社会だった事を直視すべき。
 また昨年の陳水扁襲撃事件についても、確かに事件の容疑者はすでに自殺しており、 事件の全貌が解明されたとは言いがたい状況であるのは事実かもしれない、しかし現時点で事件が陳水扁の「自作自演」 だったと裏付ける物的証拠は存在しない。それに総統選挙後、国民党、親民党が告訴した裁判は全て陳水扁側の勝利で終わっている。

 国民党側は319事件を未だ陳水扁の自作自演だったを主張し、 内部告発者を募っているが< 找出319「深喉嚨」 國民黨懸賞千萬 >、

 まず真相を告白すべきなのは民進党側でなく、数々の虐殺、暗殺を繰り返してきた国民党自身ではないのかと。

続きを読む "内部告発すべきなのは誰なのか?" »

孫燕姿、叶姉妹の巨乳をうらやましがる

 先日行われたMTV Video Music Awards JapanBest buzz Asia from Taiwanを受賞した孫燕姿は、同会場で見かけた 叶美香の巨乳ぶりに感嘆して 、非常にうらやましがったとの事。彼女は終わった後も 「叶美香のおっぱいは天心(台湾で著名な巨乳タレント)よりも2倍以上大きかったよ」 とひたすらうらやましがったとの事。 applenews,

 ちなみに以前、彼女のバックダンサーを務めたことがある友達が言うには孫燕姿は踊っている最中、彼女を横から見たら、 驚くほど貧乳でびっくりしたと言っていた。

MTV会場入りする際の孫燕姿

 

続きを読む "孫燕姿、叶姉妹の巨乳をうらやましがる" »

メイド付きの家に暮らし、送り迎え用の運手主を雇っている乞食

台北の街を歩いていると、時々乞食を見ることがあるが、じつは一般人よりもいい暮らしをしている人もいる。

東森電視台の報道によると

 台北市東区のある乞食は自分の家を持っているだけでなく、 専門の運転手に送り迎えしてもらっている、それどころか家にはメイドを雇っているという。

 朝11時からようやく彼は生活が始まる、その後愛人とおしゃべりと楽しんだり、 喫茶店でコーヒーでゆっくりとくつろいだ後、午後2時頃からようやく彼の乞食の仕事が始まる。歩けない振りをして、 道脇でひざまずき、道行く人から金を恵んでもらっている。月十万元以上の稼ぎがあるそうである。 ちなみに一般大卒台湾人の平均初任給が二万元。

乞食で金を稼いだ後にはナンパをしたり、カラオケで遊んですごしている。

 聞くところによれば毎月の収入は10万元以上の収入があるという。

 記者がその乞食に、その事実を取材すると、彼は全く恥じることないどころか、その女性記者に「いやー、テレビに取材されるなんて、 すごいうれしいねえ、ところで姉ちゃんかわいいねぇ、私と援交しない、数千元払うよ」と答えたそうである。

 


 

 世の中にはとことん面の皮が厚い人もいるだな。ちなみに月10万元の収入とは、国立の大学教授と同じぐらいの収入です。

続きを読む "メイド付きの家に暮らし、送り迎え用の運手主を雇っている乞食" »

2005.06.01

台湾の吉野家で牛丼復活

 牛丼販売を再開した台湾吉野家

YahooJapanの記事から

 牛丼販売を再開した台湾吉野家。 台湾にある全46店で再開した。販売停止前の70台湾ドルから85台湾ドル(約290円)に値上げしたが、 お昼時には牛丼復活を喜ぶ会社員らでにぎわった(1日、台北市内)

 台湾内の新聞には吉野家の牛丼が復活した事など私が見た範囲だと一文も報道されていなかった。 そもそも台湾の吉野家は日本ほど人気はないと思う(個人的には結構好きだけど)。日本だと吉野家=安くて、 味もまあまあというイメージがあるけど、台湾だと70台湾ドルで普通のランチを頼む事ができるので、吉野家の牛丼も別段安くもない。
 ちなみに台湾の吉野家は日本のとメニューが少し違う。台湾吉野家のHPおよびメニューはこちら、 ちなみに香港のHPはこちら。 香港のHPの方がなぜかしっかり作られている。台湾の吉野家は日本と違って、飲み物が別売りで、その上、セットについているのが、 日本茶じゃなくて、甘すぎる紅茶なのが、あまり好きじゃない。

 ただ少し前、日本人の友人と一緒にケーブルテレビで「どっちの料理ショウ」を見ていたら、 無性に日本料理を食べたくなったのだが、近所の日本料理屋が食べれる所が吉野家しかなかったので、 仕方なしに台湾大学近所の吉野家に行ったことを思い出した。

続きを読む "台湾の吉野家で牛丼復活" »

シンガポール紙記者スパイ疑惑事件について、日本、台湾、香港の報道

 シンガポール紙記者拘束 中国で趙紫陽氏の回顧録入手か (産経新聞)

シンガポールの有力英字紙ストレーツ・タイムズは30日、香港在住の同紙記者、程翔氏(55) が中国の治安当局に拘束されたと発表した。

 程氏の妻によると、 程氏は中国共産党の改革派指導者で天安門事件で失脚した趙紫陽元総書記=今年1月死去=の側近が聞き書きした趙氏回顧録を中国広州市で受け取り、 国家機密窃取罪に問われた恐れがあるという。

 30日付の香港経済日報などによると、同氏は先月22日、広州市で国家安全当局に拘束された。

 拘束の記者、 スパイ活動していたと発表 中国外務省 (産経新聞)

 中国外務省は5月31日、 中国公安当局がシンガポール紙の香港在住記者、程翔氏(55)を拘束したことを確認、同氏が「域外の情報機関」の指示を受け、 中国で情報収集に従事し「多額のスパイ(活動に対する)報酬を受け取っていた」と発表した。

中国側スポークスマン孔泉は程翔の拘束は前中共總書記趙紫陽の回顧録とは一切関係ないと表明し、 メディアの質問に対して、近年「境外」の情報機関の指示に従い、中国内外の情報を収集し、 先に大量のスパイ費用を受け取ったと程翔はすでにに自白していると答えた。

中国のスポークスマン孔泉が会見中指した「境外」とは、通常台湾のことを示すようである。

それに対して台湾側の報道では、

 星記者程翔為台蒐情報? 國防部不評論 (シンガポール記者は、台湾のため情報収集をしていた?国防部はノーコメント)

  中国側スポークスマンは程翔は台湾のため情報を収集したため拘束したと発表した。 台湾国防部スポークスマンは本日、国防部はいかなる情報工作についても、慣例によりいかなる評論しないと発表した。

 この件について、国防部自体は関与について、 肯定も否定もしない態度を示している。

 程翔は香港公民だがシンガポールの永久居留権とイギリス国籍を有している。

香港では民主党、 親中派の民主建港聯盟ともに非常にこの事件に注目していると報道されている。 大公網訊

しかし香港政府はこの事件に対して、留意しているが、一国二制度の原則の下、 香港政府は中国内で執行された司法に関して一切関与しないと表明し、政府として何らかの抗議はしないと発表している。 大公網訊

それどころか市民が大陸を訪問する際、 大陸の法律を遵守するように呼びかけるという弱腰である。 中央社

 ちなみに程翔が以前働いていた親中派マスコミ文匯報は「 北京:程翔諜案有充分證據(北京:程翔スパイ事件には十分な証拠がある)」と中国側の発表のみを報道し、 擁護する姿勢を一切見せていない。

 程翔が現在働いているシンガポールの 海峽時報 は総編集長を香港に派遣し、事態の情報の収集に当たっているようである。また後に記者会見を開き、その見解を発表する予定のようだ。 多維新聞網

またシンガポール政府の反応は、

 シンガポール政府はこの事件と無関係で、中国当局とシンガポール政府はこの問題について一切交渉がないため、 シンガポール政府はこの事件の事実をつかめていないと冷たい反応を示している。

シンガポール外務省は短い声明の中で、程翔はBritish National (Overseas) passport(イギリス海外パスポート)を有し、香港特別行政區政府は程翔の家族と連絡を取り合っていることは分かっていると、 彼はシンガポール国民でもない事を強調している。大紀元

大公網は程翔の妻、劉敏儀のインタビューを載せている。 大公網

インタビュー中、劉敏儀は大公網の記者に対して、私の声明を代わりに伝えてくださいと頼み、 以下の声明を発表している。

他4月22日是受到人家的邀請,到廣州去取宗鳳鳴先生第二本關於趙紫陽的書,就當場給那個公安人員帶走的。 程翔是第一位就宗鳳鳴先生,第一本關於前總書記趙紫陽先生的書稿做出報導的記者,當時新聞刊登於新加坡《海峽時報》 2004年的8月7日,之後並得到多家香港及國際傳媒引用,今次如果他能成功取回書稿, 他將會再次成為全球第一位就宗先生第二本有關趙紫陽的書做出報導。

前後兩次取稿出發點都是為了新聞工作,那由於兩次均是通過中間人,鍾先生本人不知道了是不奇怪的, 但是程翔平素他行蹤不向家人和上級隱瞞,所以本人及那個《海峽時報》都知道這件事,程翔至少勤儉愛國,講信修睦,家人朋友非常清楚, 我們沒有兒女,生活簡僕,為什麼要從事間諜活動危害國家呢?

程翔今年三月前赴北京採訪人大政協會議,其後又陪伴他一位上級,在北京到處拜會官員,差不多整個三月都在北京。 如果他確有間諜行為,為何那個時候不正式拘捕起訴他,要等到4月22日,用一套趙紫陽的書稿為由逮捕,現在案件尚未交付司法程序, 家人甚至尚未收到有關單位證實的逮捕通知書,是否應由中國外交部向全球公佈程翔的罪狀呢?希望全港市民、國際傳媒、國際社會關注此事, 並引以為警告,5月31日2005年。

簡単に訳すならば、程翔は宗鳳鳴が出版しようとした趙紫陽に関する書物を受け取ろうとした結果、 公安に拘束された。そしてスパイ容疑の疑いについて否定する声明を発表している。

 アメリカ政府はこの事件について、大きく注目し、 中国側に事件の関連資料を提出するように要求する予定であると述べている。 BBC中国

 

続きを読む "シンガポール紙記者スパイ疑惑事件について、日本、台湾、香港の報道" »

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »