Twitter

Amazon

無料ブログはココログ

« 2007年2月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007.05.31

台湾版の空耳ビデオ

台湾版の空耳ビデオ

少し前、台湾で話題になったビデオ。インド人の歌を中国語空耳に。

 サビに使われている字幕の「幹你媽」とは「Fu○k your mother」という放送禁止用語に聞こえるという代物です。

 YouTubeには他にも、インドのミュージックの中国語、台湾語空耳がUPされていて、実はインド系の音楽と、中国語空耳は相性がいいみたいです。

王金平、馬英九の副総統候補要請を断る

 次期総裁選挙の話題が増えつつある台湾だが、国民党、民進党ともに総統候補が確定した今、関心は副総統候補に移りつつある。 

 馬英九が国民党の正規総裁候補に選ばれた後、最大の焦点は 王金平を副総統候補に擁立することができるかどうかだった。

 馬英九は北部で人気があるといえども、外省人出身で、南部では、必ずしも同様ではない。そのため、国民党本土派リーダー格で、本省人の信望も厚い王金平を副総統候補に擁立できるかどうかが、注目されていた。

 だが王金平と馬英九は馬が合わないようで、たびたび対立のニュースが流れていた。事実、王と馬では、議会運営方法、政策など異なる点が少なくない。さらに馬はたびたび王をないがしろにしたことがあり、両者の溝は小さくない。

 しかし馬にとって本省人票が期待できる王の擁立は極めて重要だった。しかし本日の聯合報の報道によれば、王金平は馬英九と会談後、王金平は馬の副総統候補になることを断ったと語り、両者の合作は失敗したことが明らかになった。現時点では馬は誰を副総統候補になるのかは、不明。

馬王配破局 馬將另覓副手

國民黨總統候選人馬英九上午拜會王金平,兩人會談結束後,王金平說,婉謝馬英九邀請他擔任副手,馬英九表示,他感到失望,但他尊重王金平的決定,原先露出曙光的馬王配,再度破局。 

馬英九說,「我之前沒有努力去尋找過其他副手,現在開始會尋找。」他並承諾,會贏得2008總統大選。 

王金平說,「感謝馬英九邀請擔任副手,不過立院會期即將結束,堆積法案待處理,婉謝馬英九的邀請。」他強調,「大家共同為黨努力,王馬合更為重要」,下午將會和國民黨榮譽主席連戰報告。 

【中央社台北市三十一日電】 

http://udn.com/NEWS/NATIONAL/NATS6/3868527.shtml

2007.05.30

李登輝前総統が訪日、小泉前首相とも面会予定?

 台湾の李登輝前総統は30日午後、台北発の中華航空機で成田空港に到着し、「日本李登輝友の会」のメンバーや在日台湾人の支持者ら約200人の出迎えを受けた。李氏の来日は2004年12月以来、約2年半ぶり。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2007053000606

 李登輝前台湾総統が訪日中。

今回はビザなしで訪日中のため、以前のようなビザ発給を巡る混乱をすることは無かった模様。また講演会や記者会見を行うなど、以前の訪日とは随分雰囲気が異なる。

 メディアで関心をもたれている事は

第一に李前総統が靖国神社を訪問するか否か。

第二に李前総統は小泉前首相と面会するか否か。

第三に記者会見や講演会でどんな発言をするのか。

 李前総統は以前から、日本の首相が靖国神社を参拝することを賛意を示していたが、今回は自身も訪問する意向を示し、記者に対して「(靖国参拝は)まだ時間を決めていない。せっかく来たのだから、兄に会わなくてはいけない。そう思っている」と明言し、すでに日本、台湾双方のメディアでも、大々的に報道されている。今回、何らかの形で訪問する可能性は高い。仮に靖国を訪問する場合、中国がどういうリアクションを取るか興味深い。また台湾内でも靖国訪問には賛否両論が存在し、台湾世論がどう評価するのか、という点か。

 もっとも李前総統の政治的影響力はすでに限られているので、訪問の如何にも関わらず、日中間、日台間の関係も大きな影響は与えないと思うが、中国が過激なリアクションを取れば取るほど、李登輝前総統の影響力が再確認される結果になってしまうため、中国側は大きな反応をしないのでは。

 第二の小泉前首相を会談する件については、台湾の各メディアで報道されているが、日本のメディアを見た限り現時点では報道されていない。

李登輝啟程赴日 將與小泉純一郎晤談
【中時電子報/台北報導】

    前總統李登輝今(三十)日展開為期十一天的日本行,此行擬造訪十七世紀日本俳句詩人松尾芭蕉走過的「奧之細道」,完成畢生的心願,同時他在東京有三場公開演講,並預定與前日本首相小泉純一郎等政界人士見面。 

<中略>

    七日李登輝安排訪問拓殖大學,當天下午在下榻的東京大倉飯店以「2007年及其之後的世界情勢」為題,發表專題演講,當天晚上將參加一場盛大的歡迎宴。八日晚間李登輝夫婦會舉行答謝宴,據悉,李登輝在這場宴會中,將與長期友好台灣的日本前首相小泉純一郎會面晤談。

 中国時報の報道によれば、6月8日の李登輝夫妻が主催するパーティに、ゲストの一人として小泉純一郎前首相も参加する予定であると報道しているが、

 日本側のメディアを見る限り、小泉純一郎前首相と面談する件は報道されていない。 また李登輝側も一切のコメントを出していないため、実現の可能性は低いようと思える。

 第三に今回の訪問で最も重要な点は、李登輝前総統が日本で、講演会などに参加し、「2007年とその後の世界情勢」、「後藤新平と私」「日本の教育と台湾」などのテーマで、講演を行う。これら講演会に関し、李登輝サイドは純粋な学術的内容で、日台関係など政治問題は取り上げないとしているが、どのような発言をするか、注目されるのは当然だろう。===========================

5/31追加

 李前総統の靖国参拝については、昨日の発言を聞いた時は、実際に行くのかと思ったけど、

   

李前総統を招いた国際教養大学の中嶋嶺雄学長は「訪問を当初の目的通りに成功させたい。(参拝は)ないと思う」としている。http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20070531AT3S3000S30052007.html

 招待した中嶋先生自体は、靖国参拝した際の影響力の大きさを危惧して、賛成していないのを見ると、

 李登輝が靖国神社を言及したのは、実際に参拝するためではなく、今回の訪日を日中メディアにさらに注目させるのが、その存在をアピールするのが主目的のように思える。

2007.05.27

個人的意見だけど、台湾人歌手の方が上手い人が多いと思う

YouTubeでも話題になっているVideoだけど、台湾版オーディション番組の出演者の一人の演奏。

 台湾では「周口店人」とか「山頂洞人」原始人とも揶揄する人もいるようだが、素人らしからぬ歌唱力で、一気にブレイクしたみたいで、YouTube上でもかなり話題になり、よかれ、悪かれ台湾じゃかなり話題になっているようだ。

 自分も純粋に歌上手いなと感心してしまった。個人的な意見だが、日本の歌手で台湾人歌手の方が上手い人が多いと思う、というか日本の某人気アイドルの歌唱力の無さはひどいのではないかとも思う。 

 

オーディション系番組流行の系譜

1.日本で朝ヤンのオーディション企画が人気に

2.アメリカで「アメリカンアイドル」が社会現象に

3.中国で「超級大明星」が社会現象に

4.現在、台湾で「超級星光大道」で楊宗緯がブレイク

 中国や台湾でもオーディション番組が流行ったのは、アメリカのリアルティ番組の成功もあったと思うけど、間違いなく日本の番組の影響も強く受けていると思う。

王建民が出演した台湾のイメージ広告 YouTube

 松井選手がヤンキースに在籍しているため、たびたび日本のマスコミで紹介されたヤンキースの投手、王建民が出演した台湾のイメージ広告

  台湾の場所が分からないというタクシーの運転手に対し、野球で台湾をアピールするという内容。この広告を作ったのは台湾の新聞局の全民SHOW台湾の一環。

 今年は開幕前の怪我のためか少し精彩を欠く王建民だが、昨シーズンは19勝を記録し、メジャーリーグの最多勝投手に輝くなど大活躍し、台湾で国民的ヒーローになっている選手。

2007.05.26

凱達格蘭大道も改名?

 陳政権が中正記念堂を台湾民主記念館と改名した騒動の一貫で、台北市長郝龍斌凱達格蘭(ケタガラン)大道反腐敗広場と加註すると発表した。

 郝龍斌とは外省人2世の政治家で、父親は郝柏村(元中華民国軍参謀総長および行政院長)。先の台北市長選挙で国民党公認候補として立候補し、当選した。

 凱達格蘭(ケタガラン)大道とは総統府の正面を通る大通りで

Wiki

 独裁時代では介寿路と呼ばれたとおりである。介寿とは「蒋石の長寿を祈念する」という意味をもち、過去では自転車、バイクの通行を禁止するなど規制が存在した。

 凱達格蘭(ケタガラン)大道という名称は、陳水扁が台北市長任期中に、改名したものである。凱達格蘭(ケタガラン)とは台北に在住していた原住民である凱達格蘭(ケタガラン)族から由来し、この名称は陳水扁が原住民を重視する姿勢を表したと評価されている。

 2004年、陳水扁が総統選挙で、僅差で再選を決めて以来、凱達格蘭大道ではたびたび、国民党主催による反陳水扁デモが行われ、昨年も度々、デモが行われた。それにちなみ外省人二世政治家である郝龍斌が反腐敗広場と命名し、5月22日、決議案が通過した模様。北市府決議 凱達格蘭大道加註反貪腐廣場

 この決定に対し、原住民らは抗議している。

ある原住民は「凱達格蘭とは原住民の名称であり、それに反腐敗と注を加えることは道理に合わず、原住民に対する侮辱である」と抗議し、取り消すよう求めている。

 原住民の代表らは中央政府と市政府の幼稚な対立に、本来は無関係な原住民が巻き込まれ、その名に傷がつくことに対し、強い不満を示している。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 国民党はこの改名に賛意を示しているが、馬英九が汚職で、起訴されている現状で、反腐敗広場と改名するのは、悪い冗談のようにも思える。

2007.05.25

台湾人に対し、団結を呼びかけるVideo。

 台湾人に対し団結を呼びかけ、台湾人として誇りを持とうと訴えるVideo。<台灣加油 ! Taiwanese hero !>

 YouTube内でも反響が少なくなく、投稿三日目すでにViews: 32,098、Comments: 147にのぼり、そのほとんどが台湾人による投稿。

 このVideoでは国内で政治対立が続く台湾社会に対し、国際大会で、中国関係者が中華民国国旗を掲揚することを妨害したり、中国当局の台湾に対する暴言を挙げ、台湾の本当の敵は何なのかと問いかけている。

 そして国際社会で活躍する台湾人、ヤンキースの王建民やオリンピックでメダルを獲得した運動選手などを挙げ、数多くの台湾人が国際社会で活躍し、台湾の名前を広めていることを指摘している。

 台湾には世界に誇るべき豊かな自然、経済を有し、台湾人として誇りをもとうと呼びかけている。

 近年、台湾に対する過小評価、または混乱が続く台湾政治などに失望、嫌悪感が広がる台湾にたいし、もう一度、台湾のよさを再認識するよう促している。

2007.05.23

台湾立法院の乱闘をバトルロワイアルのパロディ化

 

 

 台湾の立法院と言えば、乱闘が多い議会だと日本でも知られている。そんな台湾の国会の乱闘をバトルロワイヤルのパロディ化した作品があった。

立法院バトルロワイアル

 新世紀の始め、颱彎(台湾)が壊れた、完全失業率は15%を超え、社会は混乱に陥った、社会はコントロールを失い、立法院では暴力が絶えなかった。、大人たちは、立法院が恐れ、軍隊を騒乱を鎮圧し、国民投票を経て、「新世紀立法院改革法」が成立させた。通称「BL法」。---以下略

ちなみに上の写真のテロップは、北斗神拳継承者拳王 雷諾、『わが生涯にいっぺんの悔いなし!』宣言。類似度 0

 立法院議員らの乱闘を金庸、北斗の拳、姿三四郎などのパロディに改変。

 

 関連グッツまで準備してある。曰く南部の民衆らに大好評だと

続きは下記のアドレスにて

立院大逃殺--中文官方網站!!! 扁人或是被扁只能選一!!

 

このバトルロワイアルパロディ版の反応を見る限りでは、かなりの好評を博している。

 このことは端的に台湾政治の閉塞感、台湾の厳しい国際環境、経済情勢に関わらず、内部対立を続ける台湾政治家らに対する不信感、苛立ち、嫌悪感を意味しているとも言えるのかもしれない。

2007.05.22

役に立たない中国語講座

Kuso

 台湾のBBSやBlogを閲覧していると、たびたび「Kuso」という文字を見つけることがある。前回紹介したHemiDemiでもよく使われるタグの一つに「Kuso」がある。

 例えば下記のYouTubeのようなVideoを台湾では「kuso」と呼ばれる。

 下記のVideoは日本語で聞く限りでは、何等変哲も無いゲームのムービーシーンをつなぎ合わせただけの映像だが、徹頭徹尾無関係な中国語字幕を入れた、いわゆるMADムービーである。

 ここで使われているKUSOの由来は、日本語の「クソ」からである。台湾に始めて「KUSO」という言語が伝わったのは、サターンの「デスクリムゾン」だといわれている。日本でも伝説のくそゲー扱いされている「デスクリムゾン」だが、その衝撃は台湾人にも同様だったようだ。

 デスクリムゾンの衝撃が台湾に伝わるとともに、ネットを中心にくそゲーを「KUSO」と呼ばれるようになった。その後「Kuso」という言葉は独り歩きをはじめ、本来の意味とは異なる面白さがあるもの全般を「KUSO」と呼ぶようになり、日本語とは異なる意味を持つよようになった。MAD映像、Vowネタなどネタ一般を「KUSO」と呼ぶようになった。

 すなわち「KUSO」とは香港漫画、または日本のアニメ、漫画、ゲームなどのネタをAA、独特の言い回しなど独自にパロディ化したものだといえる。

 KUSO文化の成立には、星爺(周星馳)の映画、そして日本の先行者ブームも大きく影響しているといわれる。先行者とともに生まれた各種のFlash Movie、プラモなどが台湾にも伝えられ、台湾や香港のGeekたちはその馬鹿馬鹿しさとクオリティの高さに驚愕するとともに、独自のKUSO文化を作り上げることになる。


 その後、「ロリ」または「萌え」要素なども「KUSO」文化の一部として組み込まれ、「orz(失意體前屈 )」もKUSOの一部とされ、KUSOとはネット上における独自の意味、独自の文化を持つようになったといえる。

 ここまで書いて気がついけど、ようするに日本のネット界で2ch的、またはVipper的な独特のネット文化が生まれたように、同時期、台湾でもKUSO と呼ばれるネット文化が生まれたといえる。

 KUSO文化とは日本のネットで生まれた2ch的文化が日本人も知らないうちに、台湾や中華圏にも広がり、それが独自の文化へ発展した物ともいえ、台湾のネットでは欠かせないある種のカウンターカルチャーに成長したものともいえる。

2007.05.21

最近になってようやく気がついたこと。

 自分が今まで周星馳の声だった思っていたのは、実は石班瑜という声優の声だったこと。 ショックだ。

 自分は広東語が分からないため、周星馳映画はいつも北京語版で見ていて、広東語バージョンをほとんど見たことが無く、ずっと本人が吹き替えをしていたと思っていた。台湾の映画チャンネルではしょっちゅう、周星馳映画が流されているが、たいてい北京語版で、広東語バージョンは少ないため、全然知らなかった。

2007.05.20

Google pinyin IMEのレビュー

  漢字辞書の盗作問題など、何かと話題のGoogle pinyin IMEを一ヶ月ほど、しばらく使ってみた。

 私が普段利用している中国語用IMEは嘸蝦米輸入法とMS新注音輸入法を使っているが、Pinyin入力、ならびに簡体字をする場合はGoogle pinyin IMEに移行しても良いのではないかと思う。

メリット

1.Google pinyin IMEは長文の変換もMS謹製IMEより優れている用に思える。個人的に気に入っているのは、有名人、著名人なども辞書に登録されている。Pinyinで人名を入力するのは、結構面倒くさいけど、Google Pinyin IMEでは著名人の変換も容易。

 

2.簡体字、繁体字ともに使用可能。

 自分は普段、中国語を書く際、簡体字ではなく、繁体字を使うため、繁体字の対応が不可欠、Pinyin入力をメインとした中国語IMEはほとんどが簡体字入力を前提に設計されて、繁体字入力がサポートされていないので、その点は非常に便利。

 

3.略字が使用可能

よく使う単語は略字を設定でき、簡単に入力が可能。

下記の図のように「中央電視台」を入力したいばあい、通常では「zhong yang dian shi tai」と入力しなければいけないが、cctvと登録しておけば、略称で入力可能。

自定义短语

 

4.シンクが可能。

  中国語、日本語限らず、効率よくIMEを使う方法は、いかに辞書を鍛えるかという点だと思う。Google Pinyin IMEはネットでシンクが可能で、異なるPCでも、自分の辞書を使って作業ができる。
 この機能は本当に便利なので、日本語IMEでも是非採用して欲しい。

問題点

 気がついた問題点では、上記に繁体字でも入力可能と書いたが、一部、上手く変換できていない漢字もいくつかある。例えば「師範大學」を入力する際、「師范大學」と出てきて、「範」の文字が簡体字の「范」のままで、上手く変換できない。

 

外国人が中国語をPinyinで入力する際、一番厄介なのは「zhan」と「zhang」を忘れたり、発音が分からない漢字を入力するのが、一番厄介だ。そういうときには、手書き入力が便利だ。

ただし、Google IMEでは手書き入力はサポートされない。一応、筆畫輸入という入力方法もサポートしているらしいが、私は筆畫輸入の使い方は分からない。

-----------------------------------------

 いくつか問題がまだあるけど、無料のソフトだと考えれば、かなり便利だと思う。さらにまだVer1に過ぎないため、今後のバージョンアップにも期待できる。

また中国語簡体字のソフトだが、非中国語のOSでも問題なく使えるというのも大きなポイントだと思う。漢字辞書の著作権問題がクリアされたら、かなりお勧めのIMEなのでは。

2007.05.19

中国語に効くPodcast(中上級編)

 中国語を勉強していて困ることの一つは、日本では初心者向けの中国語教材はたくさん出版されているのに対し、中級者以上になると適切な教材が少なくなってしまうことだ。

 しかし最近はPodCastを使って、勉強できるようになった。

ChinesePod.com

ChinesePod - Add to iTunes

ChinesePod.comは初級、中級、上級、メディアに別れ、初級、中級用は英語で中国語を解説していて、上級、メディアでは、全て中国語で進められている。自分が聞いているのは、上級、メディア課で、個人的に気に入っているのは、テキストの内容が現在中国で話題になっているテーマが多く、若い中国人、特に上海の人の感性が分かり、なかなか面白い。

 初心者向けのPodcastは少なくないものの、より中上級者向けのPodcastは少ないので、なかなか良い。

 

NHK Chinese News

ChinesePod - Add to iTunes

NHKが毎日、ラジオで放送している中国語ニュースのPodcast版、基本的に日本のニュースを中国語に訳し放送しているため、比較的分かりやすい。またニュース原稿も下記に掲載されているため、分からない単語があっても、Web上で簡単に確認できる。

http://www.nhk.or.jp/nhkworld/chinese/index.html

 

台灣之音_台灣觀點

中華民国の国家放送局である中央放送局の放送。
主に台湾政府の観点にたった放送が聴ける。

 

博客思聽中文有聲書摘

これは中国語で書かれた書籍を30分にまとめて、紹介する番組。英語から翻訳された経済書関係が多く、聞いて勉強になる内容が多い。ただし、3月ぐらいから、形式をMP3から、WMVに代わり、iPodで持ち運ぶことができなくなってしまったため、かなり残念。

小説家金庸がサイン会を開催

5月21日午前10時から政治大学で金庸の講演会ならびに、サイン会が開催されるとの事。非常に行きたい。

 金庸といえば、中国を代表する武侠小説の大家で笑傲江湖,射雕英雄傳など名作武侠小説を数多く残し、氏の小説の影響は映画など中華圏のカルチャーを語る際、欠かせない。個人的にも金庸の小説が大好きで、笑傲江湖などは何度読み直したのか覚えていない。(日本語版はあまり好きじゃない)

すでに80歳以上の高齢のため、サインをいただけるチャンスはめったに無いのでは。月曜日がある人は、是非行ってみれば。

 

本校名譽文學博士金庸先生將於五月廿一日 (一)十點起在商學院國際會議廳舉辦一場演講並舉行簽書會,為保障參加演講聽眾簽書的權益,特此公告簽書會相關規定,敬請惠予配合。
一、簽書會時依號碼牌次序排隊簽書。
二、號碼牌發放以參加演講者及提問者優先。
三、現場於九點三十分開放入場並發放號碼牌 
四、號碼牌發放以100號為原則,並視現場簽書及
        金庸先生身體狀況,增加號次。
五、簽書會時,以號碼牌次序唱號,每人以一次一書為限。
以上,敬請大家合作。

台湾のソーシャルブックマークサービス

 日々新しい情報が生産されるWebで、ソーシャルブックマークは情報収集に欠かせない存在となりつつある、

 アメリカではdigg.com、またはdel.icio.usなどが有名で、日本では、はてなブックマークが最もメジャーだ。

 台湾の主なソーシャルブックマークサービスには以下のようなものがある。

funP

 

Myshare

 

 

search2.0

 

HEMiDEMi - 黑米共享書籤

 

見た限りでは、HEMiDEMi - 黑米共享書籤が最も人気があるようだ。

 HEMiDEMiのサービスはDiggに近い。ソーシャルブックマークと掲示板があり、コメントを残すことができる。またグループで、ブックマークを残すということもできる。

 台湾で話題になっているBlogのエントリーなどを見つけるには、比較的便利なのでは。

2007.05.14

Google mapsが台湾にも対応

4月下旬ごろからGoogle Mapsが台湾内の地図にも対応していた。日本語のインタフェースからも、台湾の地図を見ることが出来るため、中国語があまり分からない人でも、便利だと思う。
日本のGoogle mapsではレストランなど商業施設なども検索できるけど、台湾内ではまだ実装されていないみたい。報道では近いうちに使用可能になるみたい。 ただ最近始まったMyMapsの機能を使って、すでに台湾人ユーザーによって多くの観光地などが登録されているので、検索して見つかる場合も多い。
 以前、このブログでも、Ajax対応Web地図urMapを紹介したことがあったけど、現時点では検索はurMapの方が便利だけど、いずれGoogle Mapsも追いつくと思う。

Google_mapstw

2007.05.01

うちのわんこが死んじゃった

 実家で飼っていた雑種のユウが今日の昼ごろ、いつもの昼寝をするように亡くなっていた。

 今まで病気らしい病気をすることも無く、14歳まで元気に過ごしていたのだけど、先週の木曜日ぐらいから咳き込むようになり、体の調子がよくなさそうだった。そのため動物病院に連れて行き、注射を打ってもらったりしていた。それでも昨日も元気に散歩に行ったりして、それなりに元気だった。

 しかし今日の朝は好物のビーフジャーキーすら食べることなく、呼吸も苦しそうだったため、身体をさすってあげたりしていたけど、昼ごろ眠るように亡くなってしまった。

 昨日も一緒に散歩に行ったので、あまりの急のことで、悲しみというより、驚きのほうが強かった。しかしその冷えた身体を撫でると、大切な友人を失った悲しみがこみ上げてきた。

 雑種の元捨て犬といえども、10年以上も一緒に過ごしてきたわけだから、いろいろと思い出があり、やはり悲しい。

 確かに雑種で、お世辞にもあまり賢い犬ではなかった。それでもじぶんにとってかけがえの無い家族であり、友達だった。

この元気な顔をもう見ることができないと考えるだけで、やっぱり胸が痛む。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年6月 »