Twitter

Amazon

無料ブログはココログ

« 中国でClickClickClickの海賊版が登場 | トップページ | 安倍さん、派手に負けたな »

2007.07.29

ずっとCiv4をやっている

 題名のとおり、やっぱCivシリーズは面白い。

 正直いうと、自分のノートPCだと、多少力不足で、ゲーム後半になると動作が少し緩慢になり、快適にゲームができるわけではないが、ゲームそのものはやはり面白い。

 そういうわけで購入した後は、暇があるときは、ずっとCiv4をやり続けている。一応、Beyond the Swordもプレイ可能になったけど、とりあえずノーマルのCiv4を繰り返して遊んでいる。

 やはりCivシリーズこそ、100回以上繰り返し遊ぶことができる傑作ゲームだと思う。

以下、Civ4の私的レビュー

  •  Civ3では進歩にあわせて、指導者の服装のグラフィックスが変わり、一目で相手の進歩具合が分かったうえに、原始人風のリンカーンなど、ユーモラスさを兼ね備え、秀逸なフィーチャーだったと思うけど(フランスのジャンヌダルクが、現代では意味不明にスキンヘッドになっていたのは、未だ納得がいかないが)Civ4ではずっと同じ格好なのは、少し面白みに欠ける。
  •  ゲームのテンポ自体はよくなり、Civ3よりワンゲームの時間が短くなった。
  •  宗教のシステムは面白い。AI相手だとゲーム中盤まで、宗教勢力が対立関係に決定的な役割につながり、宗教の伝播が重要になる。ただしキリスト教や仏教など、どの宗教もゲーム内では、実際の役割は変わらず、違いは名称のみで、宗教ごとの特色が無いのは少し残念。宗教ごとに特色があれば、もっとも面白かったと思うが。
  • Civ3では、ゲーム戦略だったのは、黄金時代の到来と、不思議建設だと思うが、Civ3ではその役割が両方とも少なくなってしまった印象を持つ。
    Civ3ではピラミッドや、孫子の兵法、フーバーダムなど、建設の成功によって、後のゲーム展開に大きく影響を与えた。だがCiv4では建設できる不思議自体は増加しているが、そこまで影響力を持つ不思議が減少した印象を受ける。
  • 新しく生まれた偉人システムはまあまあ面白い。偉大な芸術家を使って一気に領土を広げるのは、戦争以外で、両毒を拡大させる非常に面白いシステムだと思う。
     おかげで、戦争を行わずとも文化影響力で、対立国の都市を帰属させるのが簡単になってきている。逆もしかり。Civ3も都市の転向は存在したが、ランダム要素が強く、文化的に圧倒するよりも、軍事力を駆使したほうが、たやすかった。だがCiv4では文化影響力がより重要な要素になっている。そのため内政がより重要に。
  • Civ3とCiv4の一番の違いは、大帝国運営が難しくなったこと。Civ3でも汚職という形で、領土を増やすほど、汚職が増加し、大帝国の運営は困難が伴っていた。しかし首都や紫禁城を建設した中核都市に悪影響を及ぼすことはなかった。しかしCiv4はポールケネディの『大国の興亡』のように、巨大帝国を築いた場合、その帝国の維持費が、進歩を妨げるというコンセプトが非常に面白い。そのため、Civ3以上に国家の拡大を進めるペースが難しくなっている。
    国家が小さすぎれば、資源獲得という観点から、不利になり、必要以上に国家を拡大すれば、その維持費によって、進歩が立ち遅れるというバランスが絶妙で面白い。
     そのため軍事征服でゲームをクリアするのは、より困難になっている。
  • Civ3の欠点のひとつが、外交アドバイザーが優秀すぎて、交渉する前に、交渉の成否が判明してしまい、交渉自体をつまらなくしていたが、Civ4ではそうしたおせっかいは無くなり、もう少しまともになっている。
     また八方美人の外交は不可能というコンセプトも面白い。双方対立する他国家が存在する場合、どちらにも友好的に振舞うと、双方から嫌われる。そのため最終的にどちらを支持するか、決断する必要がある。
     またAiごとの外交姿勢が異なるのも、シングルプレイを面白くしている。ある指導者は宗教を重んじ、共通する宗教を有する場合、有力な同盟者になり、異なる宗教の場合、不倶戴天の敵になる。軍事志向の指導者、内政重視の指導者がおり、シングルプレイでも、異なる指導者に対し、異なる対策を練る必要がある。
     しかし『アルファケンタウリの外交のほうが面白かったと思う。アルファケンタウリの外交では、国連の票集めの裏工作ができたり、外交でやれることが多彩だったと思う。
  •  Civシリーズは文明ごとの有利不利の差異が大きいゲームだ。文明固有のユニットが非常に有用な場合と、あまり意味の無い文明もあったりして、基本的にアフリカ系指導者や、南アメリカ系指導者の場合、固有ユニットが登場時期がゲームの初期過ぎて、あまり使いものにならないのが、お約束。
     こうした文明ごとに使いやすさ、有利さに違いがあるのも、このゲームの面白さだ。
     Civ3では日本が超軍事大国を築くに最適な指導者だったけど、Civ4では、キャライメージはかっこよくなったが(Civ3のキャライメージは、アメリカ人のネガティブ日本人イメージそのもので、かなり悪意のある造形だった)、文明自体は弱体化して、かなり使いにくい文明になってしまったのは、個人的に残念。

 実はCivシリーズは大好きだが、未だマルチはやったことが無い。

 切込隊長のゲームログを読んでみると、マルチの場合、交渉力や戦略がより重要になり、まったく異なるゲームになり、面白そうだが、自分には、そこまで英語力が無い(購入したのは、Steam経由の英語版)ので、しばらく、シングルオンリーになりそう。外国語でも中国語なら、ある程度は交渉可能なのだが、英語は読むのが精一杯で、英文を書くのは苦手。

 とにかくCiv4は面白すぎるので、プレイする時間を制限して、ゲームをしなければ。かといって、Beyond the Sword付属のModなどもやりたい。

« 中国でClickClickClickの海賊版が登場 | トップページ | 安倍さん、派手に負けたな »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/614/15941272

この記事へのトラックバック一覧です: ずっとCiv4をやっている:

« 中国でClickClickClickの海賊版が登場 | トップページ | 安倍さん、派手に負けたな »