Twitter

Amazon

無料ブログはココログ

« 馬英九は国民党の職業学生だったのか | トップページ | 商務ビザで、中国から乞食が遠征 »

2007.07.16

最近、中国で報道された黒心貨一覧

 最近、連日のように、中国の粗悪食品、粗悪製品のニュースが流れている。中国の行き過ぎた拝金主義がもたらしているが、その一員だと思うが、台湾のBlogを見ていたら、最近、中国で話題になった黑心貨のまとめが掲載されていてた。

http://blog.xuite.net/osaki99/blog/12613073

 日本やアメリカに話題になっているのは、海外に輸出された中国製品の問題だが、中国国内の状況はさらに悪く、何が本物で、何が偽者か、判らなくなっている。さらに悪質なのは、そうした食品を摂取した場合、健康に害を及ぼす可能性が多いことだ。

-------------------------------------------------

1.廃棄ダンボールで造られた小籠包
Xiaolongbao

 廃棄ダンボールと病死した豚肉で小籠包をつくり販売する業者画存在し、中国の市民を震撼させた。

危害:アレルギー反応を起こす危害、または食中毒を引き起こす可能性がある。


2.病院で廃棄されたガーゼで製造されたぬいぐるみ
Xiaogou

 ぬいぐるみに強い消毒のにおいが染み渡り、開けてみると、血液や薬品が使われた綿が詰まっている。

危害:ガーゼに細菌が繁殖している危険があり、病気に感染する危険性がある。


3.氷酢酸と水道水で作られた偽造酢
Heiixincu

 老醋とは中国の著名な酢のブランドの一つだが、氷酢酸と水道水に、色素、甘味料を加えた偽造酢が市場に出回っている。

危害:工業用氷酢酸は無機酸を生み出す可能性がある、また金属、鉛量が含まれているため、食後、消化不良を引き起こし、長期食用した場合、健康に被害を与える可能性がある。


4.霊安室から回収した衣類を販売
Heixinyifu

 ある露天では、病院の霊安室に安置された死者が着ていた衣類を回収して、販売している。

危害:死者の服なんか着ていたら、祟られるかも。


5.人造偽造卵
Weizaodan

 化学薬品で作られた偽造卵、中国人は卵までも偽造している。非常に硬いため、ピンポン玉のように、ラケットで打っても、割れない。

危害:食用した場合、記憶障害に陥る危険性。


6.廃棄プラスチックで製造されたヘルメット
Buanquanmao

 リサイクルは近年、重視されているものの、廃棄プラスチックで造られたヘルメットは耐久性が全くなく、簡単に壊れてしまう。

危害:耐久性が全くないため、事故がおきたとき、全く頭部を保護しない


7.期限切れのコンドームで作られたヘアバンド
Baoxiantao

 題名のとおり、コンドームで作られたヘアバンド


8.硫酸を散布したライチ
Leizhi

長春市場で出回っている半分のライチは、色づけを鮮やかにするために、硫酸を散布したライチが出回っている。

危害:食道など、消化器官が焼き切れる危険性がある。


9.甘味剤と色素水と注射したスイカ
Xigua

 粗悪なスイカを販売するために、甘味剤と色素水を注射したスイカを販売する業者が存在する。食用すると、場合によっては死去する。

危害:使用されている色素水は食用でなく、食後、食中毒を引き起こし、頭痛、吐き気、腹痛などを引き起こし、ひどい場合、死去する例も。

---------------------------------------------

 現在の粗悪品の氾濫はメディアが積極的に取り上げるようになったため、表面化したのか、あるいは近年の拝金主義がこうした粗悪品の蔓延を招いているのか、よく判らない。

 最近の中国ではこうした粗悪品のニュースが連日のように流れ、市民の不満を招いている。いかに中国当局が、中国製品は安全だと強調しても、信用することは不可能である。

 こうした粗悪品の氾濫、そして世界各国のメディアに報道された結果、中国食品の輸出などにどのような影響を与えるのか、注意深く見つめる必要があるのでは。


 

« 馬英九は国民党の職業学生だったのか | トップページ | 商務ビザで、中国から乞食が遠征 »

コメント

はじめまして。
近頃中国の怖さ、恐ろしさを感じて中国製品があまりにも多いことに戦いています。
それで、ふと中国だけじゃなく、香港や台湾も同じなのか?という恐怖もわいてきます。なぜならこの二つは過去に行き、現地の人に交じってご飯を食べたりしたからです。特に台湾は今年両親と行こうかと計画していたところでした。台湾も同じようなニセモノ(死に至るような)で溢れ危険なのでしょうか?
それを知りたくてあちこち探していますが、まったくわかりません。よろしければ教えていただけたら幸いです。

 香港のことはよくわかりませんが、台湾の場合は、中国のようなひどい状況はないと思います。むろん悪徳業者がいて、粗悪な製品を流通させることがあって、時々ニュースになったりしますが、(同様のことは、日本でもありますよね)。
中国のような不法地帯なことはないです。

 台湾では、基本的に中国産の農産物はほとんど流通していないため、農作物は大丈夫だと思います。ただ加工品では中国で生産された品物がどんどん増えてきて、台湾でも問題なりつつあります。

 しかし基本的に飲食に関して言えば、台湾は基本的に大丈夫だと思いますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/614/15783536

この記事へのトラックバック一覧です: 最近、中国で報道された黒心貨一覧:

« 馬英九は国民党の職業学生だったのか | トップページ | 商務ビザで、中国から乞食が遠征 »