Twitter

Amazon

無料ブログはココログ

« 台湾の教科書問題 | トップページ | 101ビル前に人工ビーチが? »

2007.08.04

U22日中サッカー戦のまとめ

 近年、急激に高まったといわれる日本人若年層の反中意識の起因のひとつは四年前、中国で開かれたアジアカップの中国の異常な反日感情だともいわれている。

 8月3日、中国瀋陽でプレ五輪大会と位置づけられているサッカー4カ国大会で、日本と中国の対戦が再び行われた。

 今大会は対抗戦は、日本協会が日中関係の冷え込みを危惧する財界からサッカーを通じた親善活動ができないか要請されたことがきっかけで実現した。

 来年の北京オリンピックを控え、中国がいかなる運営をするのか興味深く見ていたが、日本の報道を中心に中国が今大会でどのような運営を行ったのかまとめてみた。

大会運営

日中戦での審判員、主審、副審、線審が全員中国人。

 サッカーの国際試合では、審判の公平性を期すために第三国の審判が裁くのが、常識となっている。しかし日中戦では審判など、全員が中国人

 日本側はこの事実を前日まで知らなかった。

 日本側が審判の人選について抗議したところ、中国側の回答は「審判は皆FIFA公認の審判員で、問題なし」と反論。

しかし試合では、試合前の国歌斉唱で、副審も大声で国歌を歌う。

サンスポの報道によれば、

「やっぱりかと思った。反日感情があると聞いてたけど、さすがにひどかった。こっちは体を寄せると笛が鳴る」

 DF安田理も怒りをぶちまけた。前半15分、後方から倒された。通常ならイエローカードが出てもおかしくない場面。「カードや」とアピールすると、反対に警告を出された。04年のアジア杯では反日感情から社会問題にまで発展した中国。試合後、FW李は左すねを打撲し包帯。MF谷口は両足に無数の傷を負った。

参照元

 中国人審判は全く、公平な審判をしなかったと日本側は見ている。

中国人サポーター

 アジアカップの際、日本人大使の車が破壊されるほど、中国人サポーターの暴走が注目された。

 今大会でも、同様の自体が起きるか、危惧されていた。北京では、集団でやじを飛ばすフーリガンまがいのサポーター集団を摘発するなど、観客のマナー向上を努めているようだが、試合では相変わらず君が代斉唱中も、ひどい野次が続き、

問題は試合後、読売新聞の報道によれば、

 日本人観客は約100人で、うち9人がゴール裏手で日の丸を掲げて応援していたが、試合終了と同時に9人に紙コップが次々と投げつけられた。さらに、スタンドからの出口通路に100人以上の中国人が殺到、中国国旗を振り回しながら、「小日本(日本に対する蔑称(べっしょう))」などと叫んだ。9人は公安当局の車でホテルに送られた。

 

 やはりサポーターの暴走は変わらないようだ。

« 台湾の教科書問題 | トップページ | 101ビル前に人工ビーチが? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/614/16002171

この記事へのトラックバック一覧です: U22日中サッカー戦のまとめ:

« 台湾の教科書問題 | トップページ | 101ビル前に人工ビーチが? »