Twitter

Amazon

無料ブログはココログ

« Blogが読むのがめんどくさくなってきた | トップページ | 近所にLeopardデモ機が無い »

2007.10.21

Macほしい病が再発してきた件

 10月26日にMacOSの新しいバージョンがされるようで、最近、またマックほしい病が再発してきた。
 定期的にマックがほしくなり、マック関係のサイトや雑誌を読みまくるのに、いざ実際にPCを新調する際、結局マックではなく、普通のPCを買っていた。

 ただ、BootCampが搭載され、MacでもWinを動かすことが可能になったということで、マックへの移行をためらう理由の一つがなくなり、さらに言えば、Winの新しいOS VISTAのあまりの評判の悪さを聞くたびに、再びマックほしい病が再発してきた。

 中国語を使用する事が必須の自分にとって、マックをためらう一つの理由は、OSXに搭載されている中国語IMEが機能不足だったことだ。

自分にとって、新しいOSXで一番気になっている機能は、Appleの300にわたる新機能一覧に掲載されている。多言語処理のひとつ。
http://www.apple.com/jp/macosx/features/300.html
新しい入力方法に対応

  1. 中国語、アラビア語、日本語の入力方法が追加されました。 Leopardでは、中国語をピン音とズウ音の2種類で入力できます。システム環境設定で言語環境を開いて、さまざまな言語の文字パレットを表示できま す。Leopardでは、文章から日本語を予測して変換するので、より正確な入力が可能です。さらに、英語をはじめ、さまざまな言語のヘルプで、CJK漢 字を入力できます。

 中国語IMEがのバージョンも新しくなると書かれていることだ。正直言って、この新しいIMEがどの程度、役に立つのか。非常に興味がある。
 最近、AcerのPCの調子がいまいちで、度々起動に失敗するので、非常に困ったなと思っていたところなので、再びマックが気になってしょうがない。
 どっちにしても、Vista搭載PCを買うなら、Macの方がよっぽどかいいように思える今日この頃です。
 何せ、来年発売予定のMS-Officeも家庭版なら、Win版より安価に購入できるし、最近は短い文章はHDDを使わず、Google Docsを用いることが多くなり、Winでなければならない理由はますますなくなってきていて、さらにBootCampを使えば、Winも併用できるので、ますますマックほしい病が強くなってきている。

 だけど貧乏なので、当分は買えないけど。

« Blogが読むのがめんどくさくなってきた | トップページ | 近所にLeopardデモ機が無い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/614/16834233

この記事へのトラックバック一覧です: Macほしい病が再発してきた件:

« Blogが読むのがめんどくさくなってきた | トップページ | 近所にLeopardデモ機が無い »