Twitter

Amazon

無料ブログはココログ

« 「ちりとてちん」が面白い2 | トップページ | ちりとてちんが面白い3 »

2007.10.18

自分の宝物

 下のは高校生時代、恩師からもらった飯田覚選手のサイン。

 


 この先生は高校の歴史の教員を勤めながら、大のボクシングファンだった。どういう理由か知らないけど、日本ボクシング界ではそこそこ知られた存在で、特に飯田選手とは懇意の仲で、非常に親しかったと聞いた。その関係でこのサインを手に入れました。あんまり大事に保存していないので、少し黄ばんでしまったけど、それでも自分にとって宝物であることには変わりないです。

 94年当時、飯田元選手は日本チャンピョンで、後に一度の敗戦を乗り越えて、世界チャンピョンになったのは周知のとおり。

 この先生の影響もあり、自分にとって、いちおうボクシングは好きなスポーツの一つで、テレビでボクシングの試合が放送されていたら、必ず観たものだった。

 ボクシングの格好よさの一つって、試合後、お互いに死力を尽くして、殴りあった相手を双方リスペクトして、健闘をたたえあるところにあるように思う。へたれで、運動オンチの自分にとって、ボクサーとは憧れの存在だった。周りがプロレスや格闘技に夢中になっていても、自分は一応ボクシングファンを自認していた。(無論、上記の高校の先生のような熱狂的ファンではなかったけど)

 だけど亀田三兄弟だけは、どうにも好きになれず、一度も試合を見たことが無い。むしろTVや新聞の放送に出てきたら、チャンネルを変えるほどだった。
だって不愉快だもん。

 それでも日本では亀田家の試合は高視聴率を誇り、TV局(特にTBS)が彼らをヒーローとして持ち上げていた。確か亀田1の初の世界戦では、ボクシングでは異例の相当の視聴率になっていたと記憶している。自分にとって、そうしたメディアの賛美が不満でしょうがなくて、亀田関係の報道が出るたびに、チャンネルを変えていた。WebNewsでも亀田関連のニュースは不愉快なので、一切読まなかった。

 ところで前回の亀田2の試合後、世論では亀田2の試合中のむごい反則と、スポーツマンシップに欠けた行為で、相当バッシングを受けているようだ。極論の中には彼らをボクシング界から追放しろという声もあると聞いている。

 自分も亀田三兄弟が嫌いだが、正直言えば今の亀田三兄弟に対するバッシングにはちょっとだけ同情する。個人的に言えば今回の騒動でもっともいらだたしいのは、メディアの反応で今まで散々亀田親子を持ち上げておいて、今さら、手のひらを返したように、徹底的にバッシングするのは、ちょっと興ざめするね(特にTBS)。

 個人的な思いだけど、三兄弟が本当にボクシングに情熱があるなら、環境を変えて、一から出直してほしい。周りも彼らにもう一度、チャンスを与えてほしいなあと思う。だって三兄弟とも、二十歳前後の若輩で、周りがいろいろな思惑で、勝手に彼らの虚像を創り出したに過ぎないのだから。

  悔やまれるのは亀田1が初の世界戦で敗戦していたら、きっと亀田一家の運命もずいぶん変わっただろうなという点。負ければ、良かったのにね。チャンピョンベルトをつけるにはいろいろな意味でまだ早過ぎたのだと思う。

 亀田父に同情する気持ちは一片たりとも無いけど、正直言って今回の騒動で結局、一番問題なのは亀田という虚像を作り上げ、利益を生み出そうとしていた周りの連中(特にTBS)だと思うのだけど。

 さらに問題が拡大した後ではあたかも他人事のように扱って、一番責任ある人たちが責任を取らず、踊らされたピエロの亀田兄弟達だけがバッシングされるのは、ちょっとかわいそうな気がする。

どうなんだろう。

« 「ちりとてちん」が面白い2 | トップページ | ちりとてちんが面白い3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/614/16794317

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の宝物:

« 「ちりとてちん」が面白い2 | トップページ | ちりとてちんが面白い3 »