Twitter

Amazon

無料ブログはココログ

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007.11.23

ちりとてちんが面白い4

 最近は、相変わらずちりとてちんにはまって、毎日見ています。
正確に言うと、出勤前の朝一度見て、帰宅後もう一度、見直して、と一日、何度も見ています。

 一日15分という短い時間だけど、これだけ密度の高いドラマを見たのは、久しぶりの気がします。
 今週も、週の初めは、おかあちゃんとの大根おろし対決というわけの分からんコントで、爆笑させたかと思えば、今日の放送では、亡くなった主人公のおじいさんと、師匠さんの縁が明らかになって、正直感動しました。
 このドラマは、伏線の張り方というか、小道具の使い方が上手で、見ていて、爆笑したり、思わず感動させられたりして、こんな良く出来たドラマは久しぶりに見たという感じです。

2007.11.04

Leopardの新しい中国語IMEをさわってみた

 ようやく近所の店の電気店でも、Leopardをインストールした機種が展示されていたので、新しい中国語IMEだけを試してみた。

 結論から言えば、GoogleIMEより劣るかもしれないけど、Macの中国語IMEもだいぶ使い物になったという感想。

 以前のバージョンの中国語IMEはひどい出来で、単語の複数変換が出来ず、中国語で長文を執筆するには、あまりにも役不足という出来だったが、Leopardの新しい中国語IMEはだいぶ、改善され、かなり使いやすくなったという感想を持った。(自分が試したのはピンイン入力のみ)

 またXPでは中国語入力する際、JIS配列のキーボードを使用していても、中国語キーボードの配列に誤認識されるバグがあり、「」など記号を入力する際、JISキーボードとは異なるキーを入力しなければならない。というややこしいバグが存在していた。(そのため自分はXPを利用する際では、中国語キーボードを利用していたが、ノートパソコンではキーボードを交換することが出来ないため、少し不便だった。)しかしMACではそうしたバグも無く、JIS配列のキーボードでも、問題なく中国語が入力できた。

 そういう意味では、中国語を多用する日本人でもLeopard以降のMACなら、かなりお勧めできるのではないのか個人的に思う。

 もっともMACを利用している台湾人のほとんどは、OSに付属しているIMEではなく、オープンソースで開発されているopenvanillaを利用している人が大多数なのではないかと思う。OpenVanillaなら、 台湾でもっとも一般的な注音入力法以外にも、様々な入力方法をサポートし、便利である。
 OpenVanillaなら、自分が普段利用している、嘸蝦米輸入法も入力可能に出来るため、繁体字で中国語を使う人にとっては、かなりお勧めで、先日0.8にバージョンアップし、さらに使い勝手が良くなった。(もっともWin版はまだいまいちという印象だが)
 ようするに、自分がMACを購入するのに躊躇する理由がほとんど無くなったというのが、結論だ。ただし問題は最近はいろいろと出費がかさんで、新しいパソコンを買う金銭的余裕が全く無いということ。

2007.11.02

祝中日日本一

めでたいですね。日本一ですよ。日本一。

 一応、愛知出身のため、自然と応援するチームは中日ドラゴンズなっていたんで、日本シリーズ勝利というのは、やっぱり嬉しいですね。

 中日は短期決戦に弱いという印象があって、個人的には、今年から始まったプレイオフでも、中日は勝つことは無理だろうと思っていただけに、日本シリーズまで、勝ってしまうのは、正直意外というか、思いもよらなかったというのが、個人的な印象。

 名古屋最後の試合で、8回まで完全試合を成し遂げていた山井に対して、落合監督が、岩瀬に変えたことが微妙に物議をかもしているみたいだね。

 個人的には今回の落合監督の采配を支持するというか、むしろ交代を決断した勇気をもっと褒め称えるべきだと思うけどね。そして、きっちり最後の仕事を成し遂げた岩瀬ももっと賞賛されるべきだと思うよ。
 もしあの場面で岩瀬が打たれ、逆転負けという最悪の結果を迎えていたら、その責任を落合監督と岩瀬が全責任を背負うことになっていたからね。
 とんでもない重圧の中、岩瀬投手は今までどおりの仕事をして、きっちり三人で押さえ、日本一を決めたというのが、個人的には非常にうれしい。

 中日ファンにとってみれば、ルーキー初登板、ノーヒットノーランを成し遂げてしまった近藤投手というトラウマがあるから、個人的にはあの交代は、将来的には山井投手にとっても良かったと思っている。もしあの場面で、完全試合をやっていたのが、松坂とか、ダルビッシュのような、日本シリーズ優勝決定戦で、完全試合を成し遂げるという偉業を成し遂げるという栄冠に値する、エース投手ならともかく、今年6勝しか上げていない山井にとって、日本シリーズで完全試合というのは、まだ少し荷が重過ぎるタイトルだと思う。
将来的に山井投手がそういう記録に値する投手に成長すれば、うれしいけどね。

 他球団のファンはそうは思わないかもしれないけど。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »