Twitter

Amazon

無料ブログはココログ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年9月

2008.09.17

サイクルコンピュータを搭載して、約半年

自分の自転車にサイクルコンピュータを付けてから、およそ半年程たった。
自転車を趣味にしている人の多くが自転車にサイクルコンピュータを付けて走っているけど、実際に使ってみると、確かに便利で手放せなくなっている。


 最近は週末に60、70キロ走ることが多い。地図などを見れば自分が何キロぐらい走ったのか、ある程度の目安は付けることができるが、細かい距離までは難しい。
実際の距離を知ることができることは走るモチベーションを保つのに、非常に効果的で、楽しい。
特にダイエット目的の場合、その消費カロリーの目安にもなるため、不可欠だ。

 また初めての道の場合、走行中、地図で現在地を確認することが多い、すでに何キロ走ったのかわかると、自分の現在地も理解しやすい。

 普段は通勤の往復約24キロ走行しているが、遅刻しないように、時間の目安になるため、遅刻しないためにも、とても大切だ。

 今、自分が使っているのは、キャットアイ CC-MC100Wという機種。
Amazonで購入した。Amazonだと値引率が高い場合が多いので、最近よく自転車用品も購入しています。


 主な機能は現在の時速、平均速度、走行距離、最高速度、総走行距離など。 さらにワンランク上の機種では回転数、消費カロリーの計算など多くの機能があるのが、自分にとって、必要充分な性能を持っている。

 またワイヤレスなので、スマートに取り付けることができ、バックライトもついているので、暗くなっても見ることができる点が便利。これ以上に安い機種の場合、有線で、バックライトがついていなかったりして、夜になると、ほとんど使うことができないという事を考えると、便利。

 ただし、バックライトの機能はおまけ程度で、それほど高くない。ボタン自体も裏側の押しづらい場所についていて、それほど明るくなく、点灯時間も短く、信号で止まっている際、ちょっと確認できる程度と、考えた方がいい。

 この6200円という定価に対して、Amazonでは3318円という価格で、かなり安かったので、個人的には満足しています。

2008.09.03

テフロン加工フライパンの使用上の注意

テフロン加工のフライパンは、買った当初は焦げ付きつきづらいし、洗うのもラクなので、好んで使っているのだが、最近、抱えている問題が購入してから、一年も持たずに、テフロンが剥がれかけ、買った当初のように、上手に使うことができないようになってしまった。

安くない大きめのフライパンで、揚げ物から炒め物、様々な料理に活用していたのが、使い方が悪かったみたい。

1。テフロン加工のフライパンには高温を控える、さらに空焚きは厳禁。
しかしおいしいチャーハンをいためる際には、高温が不可欠だし、卵を炒める際も、あらかじめフライパンを高温にしておくのが、おいしく炒めるこつだと思う。
 しかし、このような使い方をする場合、フライパンの表面を確実に痛めるようだ、

2。洗い方も十分、気をつけないといけないようだ。まだ高温のときに、洗うこともフライパンを痛める結果になるようだ。また表面を傷づけないタイプのスポンジを用いるのがコツらしい。

 一見すると、テフロン加工のフライパンは使いやすいと思っていたけど、本当においしい料理を作りたいと思う場合、テツ製フライパンが一番いいのかも、しっかりメントをすれば、という前提がつくけど。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »