Twitter

Amazon

無料ブログはココログ

« ネットブックが三万以下になっていた | トップページ | Wizardの自転車用ジャージって、安くていいね。 »

2009.04.14

もうすぐ名古屋市長選か

 名古屋ではないが、いちおう愛知出身なので、 今回の名古屋市長選は、少し興味ある。

 今回は自民、民主相乗りせず、双方が候補者を擁すという形になり、自民が推す細川昌彦氏か、民主の河村たかし氏と、新聞によれば、32年ぶりの本格的な対立だそうだ。

 今までの地方での与野党相乗りというのは異常で、民主主義を馬鹿にしている行為だと思うので、これはいい傾向だと思う。自分は小沢一郎という政治家が好きになれないが、地方相乗りを原則禁止し、地方でも自民に対抗する候補者を出すという方針は、評価されるべきだと思う。このような相乗り禁止は小沢氏がやめてからも、ぜひ続けてほしいと思っている。

 ただ今回の選挙は別の意味でも、注目を浴びる事になりそうだ。小沢氏の政治献金疑惑などの影響もあり、民主党は地方選挙でも相次いで敗北している。民主党側は小沢氏の進退問題には影響しないと言っているが、今回の名古屋市長選挙ではそうした言い訳は通じないだろう。

 もともと今回の選挙は、民主党側候補を選出する際、地方と中央と溝が生じており、地方ではもともと河村氏とは異なる人選をしていたが、最終的に当中央が知名度も高い河村氏を押し込んだという経緯があるため、 仮に河村氏が落選した場合、当中央の責任問題に発展する可能性は高いように思える。

 河村たかしという政治家は、自分の中では「民主党のお笑い担当」というイメージがあるんだが、そんなお笑い要因が小沢氏の政治生命を重大な影響を与えるようになるとは、皮肉なことだとつくづく思ってしまう。

« ネットブックが三万以下になっていた | トップページ | Wizardの自転車用ジャージって、安くていいね。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ネットブックが三万以下になっていた | トップページ | Wizardの自転車用ジャージって、安くていいね。 »