Twitter

Amazon

無料ブログはココログ

« 台湾経済不況がより深刻に | トップページ | 台湾当局がラビア.カーディル反テロ分子と認定し、入国を拒否 »

2009.09.25

馬英九曰く、「好人沒好報(いい人は報われない)」

 最近、、馬政権で失言が相次いでいる。8月以降の支持率低迷の主な原因は、台湾の不景気、そして災害救助の遅れなどが、主な原因だが、その傷を深くしているのは、馬政権自身だ。

 自らの失策を正当化したり、傲慢な態度が逆に、台湾世論の非難を浴びているのだ。

9月になり、内閣を改造し、人員を一新し、新たなスタートを切り、支持率低下もひとまず収まったに見えた馬政権だが、またも身内の不注意から、世論の反発を浴びている。

 馬英九の姉である馬以南が新書発表会で、馬英九が台風の災害後、姉へのメールで自分は救援期間中、多くの良い事をしたはずなのに、多くの人から恨まれたと書いた後、文末には「いい人は報われない」と書いていたと暴露した。

 本人は馬英九を擁護したつもりだったのだろうが、今回の台風の救援活動ではその活動の遅さを批判され、何度も謝罪を繰り返している馬英九は、身内には「いい人は報われない」と、世間的に述べている事とは正反対の発言をしていたことが分かり、またも世論の非難を浴びている。

 非難に対し、総統府側はメールの内容で事を認めた上で、屏東での救援で、双方の誤解から非難されたことについて、述べたのであって、被災者に向けた内容では無いと弁明している。

 台湾では、「一個60歲的最有權力的男人,卻像一個16歲受傷的小男孩,唉…一個長不大的總統。(60歳で最高権力を持つ男が、まるで傷ついた16歳のような発言をして、成長しきれていない総統だ)」という嘆きの声が上がっている。

http://tw.news.yahoo.com/article/url/d/a/090924/17/1rqjl.html

http://tw.news.yahoo.com/article/url/d/a/090924/78/1royp.html

http://tw.news.yahoo.com/article/url/d/a/090924/78/1royp.html

« 台湾経済不況がより深刻に | トップページ | 台湾当局がラビア.カーディル反テロ分子と認定し、入国を拒否 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台湾経済不況がより深刻に | トップページ | 台湾当局がラビア.カーディル反テロ分子と認定し、入国を拒否 »