Twitter

Amazon

無料ブログはココログ

« 新しいiMac、MacBook、Mac miniが登場 | トップページ | 台湾プロ野球でまたまた八百長疑惑騒動 »

2009.10.28

かわせみをインストールしてみた

 今まで多少不満を持ちながらもことえりを使ってきたけど、マック専用IMEのかわせみが発売されたので、さっそく試してみた。

 このIMEはもともとエルゴソフトが発売していたEGBRIDGで、このEGBRIDG自体はマックのなかでも歴史もつIMEだったが、エルゴソフトがマック用ソフトから撤退したたため、2,006年に市場から撤退していた。

その元開発者が新たに会社を設立し、EGBRIDGをかわせみと名前を改めて、復活したという形だ。

 辞書もユーザー辞書を簡単に読み込むことができるので、設定が終われば、使い方はほとんど同じだ。ほとんど迷うことなく使うことができる。

 変換能力はまだあまり使い込んでいないが、不満は今のところない。ただ自分は一文節ごとに変換する癖があるので、同音異義語の変換では異なる漢字が多くなる。これは一文節に区切るのではなく、一文ごとに変換するようにすれば、変換効率が上がるのかもしれない。

 使い出して気に入ったのはoption+Vで類義語変換ができること。これは便利。

たとえば、ふだんという言葉の場合、下のスクリーンショットのように類義語を選ぶことができる。


kawasemi.jpg

 その他、便利だと思ったのは、再変換が楽で、Option+Z,X,A,Sでひらがな、カタカナなどに再変換できる。

この機能だけでも、十分2,000円以上の価値があるように思える。

リンク先

日本語入力プログラム『かわせみ』を徹底研究

かわせみ と ことえり の使い心地

« 新しいiMac、MacBook、Mac miniが登場 | トップページ | 台湾プロ野球でまたまた八百長疑惑騒動 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新しいiMac、MacBook、Mac miniが登場 | トップページ | 台湾プロ野球でまたまた八百長疑惑騒動 »