Twitter

Amazon

無料ブログはココログ

« 台湾プロ野球でまたまた八百長疑惑騒動 | トップページ | 台湾プロ野球の監督というのはあまり儲からない仕事らしい »

2009.11.01

Media Goの使いづらさに吃驚した

 そういえば日本でもPSP GOが発売されますね。

自分はGT PSPの発売に合わせて、購入してみたのですが、個人的には、ソニーがオンライン販売でどんな展開をするのか、個人的に興味があるのですが、

 PSPでは無線LANを通じ、直接アクセスする方法する以外に、PS3を経由する方法などあり、PCではMedia Goを使ってアクセスすることができる。しかしこのPlaystation Storeの出来が悪い。本当にやる気があるのかと思うぐらい使い勝手が悪い。インタフェイスは以前のiTunes Storeに似ているが、iTunesよりも使いづらい。もともとiTunes Store自体あんまり使いやすく無いのに、ソニーのMedia Goはそれ以上に使いづらい。


2009y10m31d_234012217.jpg

個人的に気になったのが、

  • メーカー別参照ができない。
  • ジャンル別分類が見づらい。
  • ランキングが一部しかわからない。前回ではアドベンチャーゲームのみ、今はRPGのみ掲載。全体のランキングや、ジャンル別ランキングは無いみたいだ。
  • 検索の出来もよくなくて、メーカー名の検索ではダメだったり、非常に使いづらい。

Playstation Storeの作りが悪いので、どんなゲームが販売されていて、人気があるのか、わかりづらい。

 自分はゲームを買うのに、Steamを使うことが多く、PCゲームはSteamやGamersGateなどオンラインでダウンロード販売を使うことが多いので、ネットでゲームを買うという行為自体は慣れていたんだが、これらサービスと比較して、PlayStation Storeの使いづらさは突出している。

 Media Go自体は古いiTunesに似ていて、Playstaiton StoreもiTunes Storeを参考にしているのだと思うのが、元のiTunes Storeもあまり使い勝手がよくないが、Playstaiton Storeはそれ以上にで使いづらい。

 こうしたネット販売の場合、顧客が購入予定のゲームのほか、顧客が興味があるだろうカテゴリーの商品をいかにアクセスしやすいように、つくるのかが、成功の鍵になっている。

 Amazonが大成功を収めたのも、単純に商品を並べるだけでなく、顧客それぞれの購入履歴を利用し、個人の嗜好に合わせたWebを構築したのが大きな原因の一つだったと思うし。

 iTunesもGeniusを使って、個人に合わせた商品を選びやすいようになっている。

 Steamの場合、定期的にバーゲンセールを行っていたり、キャンペーンが行っているので、顧客をつなぎ止め、定期的にアクセスするようなしかけがある。

残念ながら、いまのPlaystation Storeにはそうした「おもてなし」は無い。

 PSP Goは既存のUMDを使わず、オンライン販売のみに限定するということで、いろいろ話題になっているが、PCの世界ではすでにSteamなどが成功している。

 しかし自分が見たところ、今のPlaystation StoreにはSteamのような魅力を全く感じなかった。無線LAN環境がないため、確認できないけど、あるいはPSPから直接アクセスすれば、もう少し使いやすいのかな。

PSP go「プレイステーション・ポータブル go」 ピアノ・ブラック(PSP-N1000PB) 特典 PSP go スタートキャンペーンプロダクトコード付き
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2009-11-01)
売り上げランキング: 30
おすすめ度の平均: 2.0
1 ライトユーザーを切り捨て
4 思っていたよりも
2 ゲームメインの人は…
4 おでかけ転送のお供として
1 購入する人はよく考えたほうがいい

« 台湾プロ野球でまたまた八百長疑惑騒動 | トップページ | 台湾プロ野球の監督というのはあまり儲からない仕事らしい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台湾プロ野球でまたまた八百長疑惑騒動 | トップページ | 台湾プロ野球の監督というのはあまり儲からない仕事らしい »