Twitter

Amazon

無料ブログはココログ

« ものぐさな自分が買ってよかったと思った調理器具 | トップページ | 馬英九いわく中華民国の寿命はあと10年数年までだそうです(後になって数十年後に訂正) »

2009.12.15

そういえば鳩山政権って、まだ発足3ヶ月なんだよね

 最近、日本政治はいろいろ騒がしいですね。

 民主党が先の衆議院選挙で大勝利し、政権が発足してから、まだ3ヶ月足らずなんだよね。仮に民主党が次の参議院選挙で敗北しても、衆議院で圧倒的多数を握っているので、あと3年は民主党政権が続くということだよね。

 この三ヶ月で普天間の基地移転問題で、今まで積み重ねた移転交渉を壊し、日米同盟は亀裂を見せています。このままでは、万全ではなかったものの、せっかく進みかけた基地移転が崩れ、その上、日米安保に大きな障害を残す可能性が高そうですね。

 鳩山首相はオバマ大統領に「trust me」と保証したのに関わらず、会談の内容をあっさりと裏切る結果となり、米国は日本に不信感を強めそうです。今の鳩山首相は八方美人で全員にいい顔を見せようとした結果、全員から不信感を持たれ、何も解決しないという最悪の結果を招きそうです。

 安全保障を完全に米国に依存していた日本にとっては、これは安全保障に大きな危機を迎えたといってよさそうです。

 さらに言えば、在日米軍は日本の安全保障だけでなく、東アジア全体の安全保障にも大きな影響があり、この問題は日本国内だけでなく、東アジア全体の安全にも関わります。

 また天皇と政治という問題は、戦後日本にとって最も敏感な問題のひとつといってもいいでしょう。戦前日本はこの問題で国家を一度、壊滅に追い込んだという歴史的経緯があります。 日本は立憲君主国で、天皇は君臨すれど、統治せずという原則を今まで守ってきました。

ところが民主党政権はこの問題に土足で踏み込む結果になってしまいました。

先日日本を訪問した中国の次期リーダー候補の一人である習近平副主席を天皇と会見できるようにねじ込むという事を行いました。

日本が定めたルールを自ら破り、さらに民主党は中国との関係のため、天皇を交渉の道具として利用しました。

また天皇が中国内部の権力争いに利用されたと見られても仕方ないと思います

 日本の安全保障、また天皇問題というのは、戦後日本が守っていた根幹であるにも関わらず動揺が走っています。

しかも驚くのは、民主党政権発足後、わずか3ヶ月で起きたという事です。民主党政権はまだまだ続きます。

3年後の日本はいったいどうなるんだろう。本気で思ってしまいますね。

« ものぐさな自分が買ってよかったと思った調理器具 | トップページ | 馬英九いわく中華民国の寿命はあと10年数年までだそうです(後になって数十年後に訂正) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ものぐさな自分が買ってよかったと思った調理器具 | トップページ | 馬英九いわく中華民国の寿命はあと10年数年までだそうです(後になって数十年後に訂正) »