Twitter

Amazon

無料ブログはココログ

« 中国の汚職役人による海外流出額は数兆円規模 | トップページ | 谷歌従業員が語る今回のGoogle中国撤退騒動について »

2010.01.14

中国のAlexaが面白いことになっている

 Googleの中国語版は、中国政府の検閲を受け、中国政府にとって、タブーにしたい天安門事件、法輪功などキーワードを検索できない仕様担っていたのは、よく知られていたことだ。ところが、昨日、中国向けサイトでの検索結果の検閲を中止することを発表し、世界最大のオンライン市場である中国から撤退する可能性もあることを示唆したということで、中華圏のサイトはこの話題で持ち切りだ。

  Googleが検閲をやめるという決定を発表後、すでに検閲されないバージョンで、サービスを開始したようだ。

中国版Alexaのホットキーワードが、中国政府の禁止している用語ばかりになっている。

http://cn.alexa.com/

201001150034.jpg

最も今回のGoogleがこのまま、中国から撤退することになるのか、どんな決着を迎えるのか興味深い。

« 中国の汚職役人による海外流出額は数兆円規模 | トップページ | 谷歌従業員が語る今回のGoogle中国撤退騒動について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国の汚職役人による海外流出額は数兆円規模 | トップページ | 谷歌従業員が語る今回のGoogle中国撤退騒動について »