Twitter

Amazon

無料ブログはココログ

« フライパンを買い替えた | トップページ | 台湾大手出版社、遠流が電子書籍に参入と発表 »

2010.01.28

iPad発表だって

 長らく噂の iPadがとうとう発表。

周りでは、でかいiPodという評価もあるのも事実だけど、楽しみにしていたCrunchpadがお釈迦になった今では、iPadはとても興味ある。

巷で売っているネットブックは確かに安いけど、画面は小さいし、何よりも、WinXpやWin7はある程度、大きめのディスプレイを前提に設計されているのに、小さいネットブックで操作するのは少し物足りなく、何よりもソフトが、10インチのサイズにふさわしいOSが欲しいと思っていたので、iPhoneスタイルの方がタブレットでは操作しやすいと思う。

 正直言えば、タブレットを
hardware20100127.jpg  

ようするにiPadというのは、iPodであり、電子書籍であり、ネットブックという代物だ。

本好きだけど、本をためるのが嫌いというか、すでに本棚に本が溜まりすぎて、処分に困っている人間にとって、電子書籍こそが欲しかった者だ。

ただ何よりも残念なのは、日本ではまだ電子書籍の販売の目安は付いていないようだ。

日本のWebを見ていると、日本ではiBooksが無いと言われているが、

正確には現時点ではアメリカのみで、電子書籍の販売が行われるというのが、正確な所だ。

It seems that iBooks will be a U.S.-only service, at least when iPad first lands in stores. Engadget dug up the Apple Australia site, discovering that both the iBookstore and the iBooks app are nowhere to be seen.link


 個人的な希望を言えば、日本の本だけでなく、世界中の本が簡単に買えるようになれば、非常にうれしいんだけどね。

 またマルチタスクじゃないことや、フラッシュ対応ではないという批判もあるが、個人的にはあまり心配していない。

確かにiPhoneに比べ、iPadは9.7インチのスクリーンをもつため、マルチタスクじゃないのは、もったいないと思うが、iPhoneが発売から、バージョンアップしていくごとに、不満点を潰してきたことを考えると、近いうちに解決するのではと思う。ただFlashだけは、技術的問題よりも、政治的問題だから、どうなるか知らないけど。

 ともあれ、iPadがiPod並にブレイクするのか、AppleTVのように残念な結果に終わるのかは分からないけど、iPhoneがスマートフォンのあり方を変えたように、iPadがタブレットや電子書籍のあり方を根本的に変えるんじゃないかな

« フライパンを買い替えた | トップページ | 台湾大手出版社、遠流が電子書籍に参入と発表 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フライパンを買い替えた | トップページ | 台湾大手出版社、遠流が電子書籍に参入と発表 »