Twitter

Amazon

無料ブログはココログ

« 昨年台湾の労働環境 | トップページ | フライパンを買い替えた »

2010.01.27

支持率低迷する国民党が党員に対し、買い物割引サービスを始める

 台湾では国民党の支持率が低迷している。支持率の低迷を打開するため、 国民党は日本ではあり得ない方法をとるようだ。

国民党党員に対し、特定の商店、レストランなどで買い物、食事をする際、優遇を与えるという方針だそうだ。

 日本では確実に買収に値する行為だと思うが、藍系メディアは相変わらず、こうしためちゃくちゃな行為に対し、無批判で報道している。台湾は相変わらずだ。

為了吸引民眾加入國民黨,黨中央可說是奇招盡出,連黨員去特約商店買東西、吃飯都能有優惠好康,只要持黨證消費就會有折扣,有的甚至下殺到4.8折;消息一出,國民黨中央電話接到手軟,組發會也積極拓展特約店數,要在今年底突破1000家,讓國民黨員好康多多。

為了增加黨費收入,國民黨中央破天荒洽談了全台灣數百家特約商店,只要是繳費黨員,憑黨證到特約店消費,最多甚至可以享有5折以下的優惠價格;黨中央電話響個不停,因為國民黨黨證實在相當好康,只要拿黨證去消費,不管吃飯、購物、看電影都有特約店折扣,最低下殺4.8折。

黨 員迴響也相當大,國民黨不但趕緊把大大的「特約商店」四個字秀在官方網站首頁,還緊急發出通告,要各黨部積極去找最能吸引黨員的優質商店;到底有多便宜? 來到一家國民黨特約的小吃店,點一碗招牌肉羹麵、加上滿滿一盤滷菜拼盤,再來杯爽口酸梅湯,原價115元,打9折再扣掉尾數,只賣100元。現在國民黨地 方黨部正大動作招商,希望在年底前簽下上千家折扣店家,讓黨員入黨,好康撈不完。(新聞來源:東森新聞記者賴淑惠、高鴻銘)

参照元:Nownews



« 昨年台湾の労働環境 | トップページ | フライパンを買い替えた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨年台湾の労働環境 | トップページ | フライパンを買い替えた »