Twitter

Amazon

無料ブログはココログ

« 周錫瑋が新北市長選立候補を断念すると発表した直後の世論調査 | トップページ | 2月27日、台湾補欠選挙の結果 »

2010.02.27

Civ5のトレイラーが登場

 2KGamesから今年秋に発売されるCivilization5のトレイラーがYoutube上に公開されている。

 この動画は、エジプト、バイキング、イスラム、日本(徳川さん)、モンゴルだと思われる文明が登場。

今回も、我らが徳川さんも登場は間違いないだろう。

 Civ3の頃、徳川は間違いなく、制覇を目指すプレイヤーにとって、非常に使いやすいキャラだったと思う。固有ユニットの侍は攻撃、守備が4、さらに移動も2あるという、攻守動を兼ね備えた最も使い勝手のいいユニットだった。侍ラッシュを行って、黄金期の到来させると、限りなく強かった。

 ところがCiv4では一気にネタキャラに成り下がってしまい、3では使いやすかった侍は今作では微妙な存在になってしまった、ゲームの中世は城壁が登場し、防御に優れた長弓兵がいるため、防御側が圧倒的に有利な時代になった。そのため侍ラッシュというのはなかなか難しくなってしまった。

 BtSに登場する固有施設はシェール油精製施設という、ほとんどの日本人も知らないようなマニアックな施設な上、Civ4では火力発電はゲーム終盤過ぎで、微妙な存在な上、公害があるため、水力発電所を優先して作ることになるので、微妙な存在になってしまった。

 文明ごとに定められる指向も、攻撃、防御指向という戦争屋に特化している。この指向は近代以降、徴兵されたライフル兵がかなり使い勝手がよい。その反面、内政にプラスになる指向を持っていないので、高難度では使いづらい。

 またコンピュータがプレイを担当する場合、徳川は技術交換をしない、国境を開放せず、通交を許可しないという鎖国主義者のAIで、Civはいかに技術交換することが必須で、単独による技術開発では、競争から取り残されるのが多い。このようにCiv4では日本が非常に不遇の立場に置かれていた。Civ5の日本はどうなるんだろうね。

 あと個人的に、強化して欲しい文明の一つがモンゴル。このゲームは不平等にできていて、使いやすい文明と、使いづらい文明をはっきり別れている。使いやすいのがローマ、イギリス、ロシアなど巨大帝国を築いた文明で、ゲーム内でも使いやすい。モンゴルはユーラシア最大の帝国を築いた文明なのに、とても微妙な存在で、世界最大の帝国を築いた国家というのを、再現できていない。なのでCiv5ではモンゴルなど騎馬民族が見直されれば、いいのだが。

« 周錫瑋が新北市長選立候補を断念すると発表した直後の世論調査 | トップページ | 2月27日、台湾補欠選挙の結果 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 周錫瑋が新北市長選立候補を断念すると発表した直後の世論調査 | トップページ | 2月27日、台湾補欠選挙の結果 »