Twitter

Amazon

無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010.03.22

最新の台湾世論調査、馬英九の支持率低迷中

 2008年、国民党が再度政権交代を実現してから、すでに二年過ぎた。

 少し前まで、国民党が圧倒的に優位に立ち、民進党は、陳水扁の汚職事件で、野党に転落し、国会の議席も大幅に減少した。

しかし二年が過ぎて、台湾政治の雰囲気が大きく変わっている。

親国民党系メディア聯合報が最新の世論調査を発表した。

201003211304.jpg

 世論調査の結果、現職の馬英九の支持率は29%で、支持率は低迷しているという報道だ。

 もともと聯合報は国民党系メディアで、国民党側に優位な調査結果になりやすい。例えば、2004年陳水扁が総統に再選した際でも、事前の世論調査では国民党側が優位だという結果だった。

 しかし国民党メディアによる調査でも、馬英九の支持率は低迷したままだ。聯合報の調査によれば、馬英九の支持率は29%、一方、民進党では、最も人気の高い政治家が蘇貞昌で38%だ。

こうした結果に対し、「2012大選就像贏定了,(次の2012年の総統選挙では勝てる)」と語る民進党系政治家もいた。

この結果に対し、蘇貞昌は「馬英九の姿勢に対する失望」だと分析している。

聯合報の他にも、遠見による世論調査でも馬英九に対する不満がはっきりとみてとれる。

 馬政権の施政に対し、66%が不満にもつと回答し、23.7%のみが満足していると回答している。この数字は昨年の水害直後に並んで低い数値だ。

 また馬英九に対し、38.8%が信頼できると回答した反面、信用できないという回答が47.1%に上った。先月に比べ、信任度が2.5%低下し、不信任の回答者が3.9%上昇している。

 このように馬英九の支持率は低迷していて、台湾の主要メディアは、このままでは続投は難しいのでは、という見方を述べている。

中国とのECFA締結について

 一方、馬英九政権が中国と締結しようとしているECFA、関税を免税し、さらに中国との経済一体化を推し進めようと政策に関しては、

46.2%が賛成、35.9%が反対という結果になった。この結果をさらに分析すると、国民党系支持者の78.1%の人が、ECFA締結に賛成している反面、民進党系支持者の73.7%がECFA締結に反対している。無党派層は33%が賛成、36.3%が反対と意見が分かれている。

 また地域による支持の差も大きい。台湾北部、東部ではECFA締結を支持するのが5割を超している。反面台湾南部では反対が43%で、賛成よりも反対のほうが多い。

 北部では、ホワイトカラーの割合が多いため、中国との経済的関係の強化を支持する声が小さくないが、南部では、農民や、ブルーカラーの割合が増え、また台湾意識の濃厚なため、中国傾斜に危機感を抱く多いのかもしれない。

2010.03.15

最近、Twitterを始める中国人民主運動家や知識人が増えてきている

 中国大陸内のネット世論といえば、日本の某BBSと同様に極論が多く、排外主義、愛国主義的な投稿にあふれていて、荒涼としたネット世論を作り出している。

その一方、最近、中国の民主運動家や知識人が続々とTwitterの利用を始めていて、興味深い状態になっている。

とりあえず、Twitterで見つけた中国人知識人

王丹 1989年の第二次天安門事件の学生指導者の一人。 

王力雄 作家。北京在住のチベット人作家 Wiki

ツェリン・オーセル 中華人民共和国・北京市在住のチベット人作家(国籍:中国)。原籍は東部チベット・カム地方のデルゲ。北京在住の中国人作家・王力雄の妻。 Wiki

曹長青 中国出身、現在米の評論家 Wiki

長平 作家、評論家 

ウーアルカイシ 1989年の第二次天安門事件の学生指導者の一人。現在は大学で教職

馮正虎 人権活動家、成田に90日間、デモした本人

 上記はその一例に過ぎないが、最近、Twitterをやる中国人が増えていて、中国語で、活発な意見交換がなされている。#ppwlxなど。

また中国各地で起きた暴動や、運動なども新聞やTVなどマスメディアよりも早くTwitterで知ることが増えてきている。例えば、3月12日に起きた広州黄埔でタクシー運転手が交通警察官に殴打され、大けがを負い、最終的に死去したその事件がきっかけに数百人規模の抗議が行われた。


201003151652.jpg

この事件は日本のメディアを探したところ、報道したところはなく、中華系メディアが報道しただけだ。一方、Twitterでh、#gzchuzu のハッシュタグで現地の様子などが続々と伝わり、何が起きているのか、よく理解することができた。

 このように、中国本土の荒涼としたBBS文化とは異なる人たちがTwitter利用を始めていて、現代の中国を理解するために、非常に面白いツールになってきている。

2010.03.14

中国で、台湾を結ぶ高速鉄道を計画中?

 最近、中国の高速鉄道建設ラッシュが続いている。2013年までに中国は世界最大の高速鉄道網を有するようになる予定だ。

そうした建設ラッシュのなかで、中国の高速鉄道を台湾に直接つなげようとする動きがあるようだ。

BBCの報道によれば、

武漢の鉄道局長、餘卓民が取材に対して、現在中国当局は昆明からアモイを通じ、台湾を繋ぐ高速鉄道の建設を計画していると答えた。

アモイから、高雄までの海底トンネルをつなげるという計画である。しかしこの計画に台湾当局も関わっているのかは答えていない。

 この発言に対し、中国鉄道局の鄭健はこの計画は中長期計画で、現在はまだ前期研究の段階に過ぎないと回答しているものの、「海峽西岸是路網規畫當中重要的一部分(海峡西岸は路線計画の中で、重要な一部である)」と答え、中国がこの計画自体の存在を否定していない。参照元

 こうした中国の発言に対し、台湾側は「中国の一方的な計画で、台湾ではこのような計画はない」と否定している(参照元 )が、。最近の中国の動きを見ていると、馬英九の外交終戦宣言後、より本格的に台湾に対する統一工作を強化しているという印象を受ける。

最近、アメリカメディアで台湾の名称がChinaTaipeiに変わりつつある事について

 台湾の国名問題というのは、少し面倒な問題で、現在の台湾の正式な国号は中華民国(Republic of China)、略してROCだ。しかし日本を含めた国際社会は中華民国(Republic of China)を国家として認めていない。

 そのため、メディアが報道する際では、台湾(Taiwan)という名称を用いるのが通例だ。

 ところが最近、アメリカのメディアのスタンスが微妙な変化を見せている。事の始まりはCNNが先日のチリ地震後の津波情報を報道する際、台湾をChinese Taipei(中国台北)と報道した。

 この報道に対し、馬英九政権は敏感に反応し、Chinese TaipeiをTaiwanに改めるように、直ちにCNNに抗議した。

 CNNによれば、今回の報道はアメリカ政府機関NOAA(アメリカ海洋大気圏局)の津波予防センターが発表した文書を引用したため、Chinese Taipeiと報道したと回答している。

WHOやAPECなど国際機関に限って、Chinese Taipeiという名称を用いるが、Chinese Taipei(中国台北)では、台湾は中国の一地方であるということを黙認することを意味している。

 アメリカ政府機関が発表する文章は通常、Taiwanと使い、Chinese Taipeiを使うことはなかった。今回、初めてアメリカ政府がChinese Taipeiという表現を使って、台湾当局を震撼させた。参照元

 同様の問題は他でも起きている。3月に発売された雑誌ワシントンライフでも、同等の問題が起きた。今回の場合、馬英九夫人の周美青の訪米の際の記事だ。

 先日、現総統馬英九の夫人である周美青が、著名な現代舞踏の雲門舞集の名誉団長という名目で、訪米し、文化外交を行った。その際の記事が、Washington Lifeという雑誌に掲載されたが、China(Taiwan)のファーストレディという名称で紹介されていた。参照元

 台湾の名称というのは、極めて面倒な状態だ。正式名称は中華民国(ROC)で、Republic of Chinaだが、現在、Chinaという表現は中華人民共和国を示す。

 陳水扁時代、対外的な国号を台湾に統一しようという動きが起き、実際に郵便局などの名称から中華を取り外し、台湾に変えようとしていた。しかし馬英九政権になって以来、こうした正名運動は頓挫し、逆流することになった。

 また中国の台湾統一工作は強まる一方だ。このような影響も受けてか、アメリカメディアの台湾に関する報道姿勢が変わりつつあることを示しているのかもしれない。

2010.03.12

Appleのサイトが少し変更

Before

201003130036.jpg

After


201003130038.jpg


Appleのサイトが多少変更されていた。

一番の変化は新しくiPadが追加され、iTunesが独立し、ダウンロードは取り下げ。

これはAppleのiPadに対する本気度の現れと見ていいのでは。たとえば、AppleTVの場合、iPodのカテゴリー内に留まり、あまりフィーチャーされていない。ようするにiPadをiPhoneと同じようにappleの柱にしようとする意思の現れとみていいのでは。

中国 工信部、「中国当局はGoogleを封鎖する権限を持つ」と発言

 1月12日、Googleが中国でハッカーの攻撃を受けたことを発表し、中国の検閲体制に異を唱え、中国市場から撤退する可能性を言及した。この問題は世界中から、その動向を注目を浴びている。その後の発表から、ハッカーの攻撃は中国当局や、中国の学校を通じ、攻撃していた証拠が見つかり、中国当局が関わっていた可能性がますます高まっている。しかし中国政府は、いっさいの回答をせず、ただ自分こそがハッカーの攻撃の被害者であると強調していた。

 現在、中国では日本で言う国会に値する全国両会が開かれ、その開催中も、Google問題は大きな注目を浴びていた。3月5日、情報部長の李毅中は会議の直前、記者の質問に対して次のように答えた。「インターネットは中国の法律に基づいて、管理されなければならない。中国のネット企業は中国の法律を遵守する必要がある。そして中国のネットは非常に開放的で、現在、関係部署はGoogleと双方の問題点を話し合っているところである。」と回答し、さらに李毅中は「われわれの態度は明確で、Googleがいかなる態度をとるのか注視しているところである。また工信部はGoogle中国版の免許を取り消す権限をもっており、Googleのサービス全体を中国のネットから遮断することも可能であると記者たちに回答した。

 しかし翌日、工信部副部長の苗圩は、中国工信部はGoogleと交渉をしていないと回答し、今までGoogleと正式に接触していないと、前日の李毅中とはまったく異なる回答をしている。

これは李毅中が部長が発言した中国の関連部署とは工信部とは限らず、商務部、または国務院などと接触し、工信部が参与していない可能性がある。Googleが声明を発表してからも、引き続き、中国からアクセス可能で、中国から撤退していない。このことは中国自身もGoogleの撤退を望んでいないという現れかもしれない。

同時に李毅中は、中国当局はGoogleの免許を停止し、中国でのGoogleへのアクセスを遮断することが可能だと答えている。

この発言は、中国で運営されている外資企業に対し、中国の政策に従うことを警告している。Googleが声明を発表した後の、中国政府は、強行姿勢を改めず、法に基づいて、ネット管理を続けることを強調している。改めることはない姿勢を見せている。

 一方、アメリカもこの問題に対し、妥協を示す様子はない。国会で公聴会を開き、Google副総裁が出席し、現状を説明したほか、アメリカはWTOに中国が正常な貿易を妨害していると提訴する可能性を見せている参照元

2010.03.02

中国人詩人廖亦武がドイツ渡航を中国当局に拒否され、自宅軟禁されるという事件が発生

Twitterの中国人経由で知ったのだが、中国人作家の廖亦武が、中国当局に拘束され、自宅軟禁されるという事件が起きている。

BBCの報道によれば、

 廖亦武は3月1日のドイツ行きの飛行機に搭乗し、ドイツの文学フェスティバルに参加しようと、飛行機に搭乗したところ、当局から飛行機から降りるように命じられ、その後、成都の警察に連行され、4時間近い尋問を受けた。

 警察では廖亦武が文学フェスティバルで発表する内容について、何度も質問され、その後、家に送還された。しかし警察側はしばらくの間、家から出ないように命じられ、その後も警察が見張られていると廖亦武氏は取材に答えている。

ドイツ側は、廖亦武のドイツ渡航が拒否されたことについて、遺憾の意を表明している。BBC

廖亦武とは

 1958年、四川省に生まれる。高校卒業後、国内を旅して回りながら詩作を始める。1989年の天安門事件を受け、事件を批判する長詩『大虐殺』と映画『安魂』を制作。これにより1990年1月、彼の妻と六人の友人と共に列車で移動中の所を逮捕され、反革命煽動罪により4年間投獄された。

出獄後、大道芸人として生計を立てながら最低層の人々を訪ね歩いて聞き書きを行う。1995年には米国のNGOヒューマン・ライツ・ウォッチにより政治的迫害下の作家に与えられるヘルマン・ハメット賞を受賞。 2001年に『中国低層訪談録』を中国国内で出版するが、すぐに発禁処分を受ける。2003年に2回目のヘルマン・ハメット賞を受賞。Wikiから

この廖亦武が出国を阻まれ、自宅軟禁されたという事件は、欧米のメディアでも大々的に取り上げられている。参照元

 しかし残念ながら、日本ではほとんど報道されていない。馮正虎氏の事件でもそうだったが、日本メディアは中国の民主問題についての報道は非常に消極的なようだ。

2010.03.01

馮正虎氏、上海警察官が運転する車にひかれる

 約90日間の成田での抗議の末、中国に帰国した馮正虎氏だが、

馮正虎氏は引き続き、中国の自由のため、戦っているようだ。

中国に帰国後、国民の帰国する権利を拒否するのは公民出境入境管理法違反に当たるとして、地元の入管を相手取り、上海市浦東新区人民法院(地裁)に提訴している。

 この提訴後、Twitterの投稿によれば、警察に監視され、危うい立場のようだ。

 中午,郭泉的辩护律师郭莲辉由二位上海市民陪同来我家拜访。之前,上海的古玉鉴定专家沈纯理先生已来我家。我们聊了一个半小时,就起身去我家附近的餐馆吃午饭。Twitter

昼、郭泉の弁護士,郭蓮輝が二名の上海市民とともに、わが家に訪問しに来た。それ以前は、上海の古美術鑑定家の沈純理氏がわが家を訪れていた。約一時間半ほど、話した後、付近のレストランに食事に出かけた。

 1330左右,我们走到我小区的大门口,被一大批社区保安人员围住,其中有一位便衣警察要求郭律师跟他们去五角场派出所,郭律师当场拒绝,要求有合法的证件才可以跟他们走。后来,郭律师一行还是配合了。Twitter

13:30頃、私たちは住宅区の玄関を歩いていた所、大勢の保安員らに取り囲まれ、私服警察の一人が、郭弁護士に対し、我々とともに五角場派出所まで来るように要求したが、郭弁護士は合法的な書類がない限り、一緒に行く必要は無いと、その場で拒否した。しかしその後、郭弁護士は警察の要求に応じた。

 下午14:00左右,上海国保警察沈国良用车撞我,虽然伤很轻,但他的行为恶劣。我已公布这起事件。http://76.162.190.142/show.asp?id=858

14:00頃、上海警察の沈国良が運転する車にぶつけられた、傷はたいしたことはないが、彼らの行為は悪質だ。私はこの事件を公表している。http://76.162.190.142/show.asp?id=858(link先、すでに消去されている)Twitter

 それ以降、投稿がないのだが、帰国後も、官憲に屈しないことを示しているため、身柄がいつ拘束されても、おかしくない状態だといってまちがいなさそうだ。

民進党蘇貞昌が台北市長選に立候補?

 2月27日の立法委員補欠選挙が終了した後、台湾政治の関心は年末の市長選に当てられている。

 特に注目されるのが、台北市と、新北市の市長選挙だ。首都圏の首長選挙の是非は、次の総統選挙にも非常に大きな影響を与えると言われている。

 この選挙を最重要視しているのは、与党国民党、野党民進党、双方同じだ。

新北市での国民党の動きは、現職の周錫瑋が立候補を断念させ、現時点の国民党内部で最も人気の高い朱立倫の擁立が確定的だ。link先

こうした国民党側の動きに対し、がぜん注目を浴びているのは、民進党側の動きだ。

 当初民進党側は、新北市長選には、民進党で最も人気の高い蘇貞昌を新北市長選に擁立するという見方が大きかった。しかし最近の民進党の党勢の勢いに乗り、新北市ではなく、台北市長戦に立候補するという方向のようだ。

 台北市は李登輝、陳水扁、馬英九という歴代の総統も台北市長を経験したことがあり、台湾政治では非常に重要な位置を占めている。

 同時に、台北は外省人の割合が多く、国民党の地盤の地域だ。民進党の陳水扁が台北市長に当選したのも、国民党内部の対立から、分裂選挙になり、漁夫の利という要素が強く、民進党が当選するのが困難な所だ。

 当初、新北市に蘇貞昌、台北市には蔡英文、または謝長廷が立候補するという見方があった。

台北市は困難だが、新北市では勝算が高いという選択肢。だが最近の選挙で、相次いで国民党の地盤の地区でも、民進党は勝利を収め、その勢いに乗って、台北市長選挙の勝利を目指し、内外に政権交代の可能性を示すというのが、民進党の作戦のようだ。

 もっとも、この場合、台北市、新北市共に国民党が勝つという可能性が出てくる。

親中国系メディアの世論調査によれば、

立委補選結果國民黨再敗,反而激發泛藍團結意識,郝蘇兩人爭奪首都市長寶座,郝龍斌目前又領先蘇貞昌六個百分點。依據最新民調結果顯示,若民進黨的人氣王蘇貞昌代表民進黨前進藍軍大本營台北市,現階段郝龍斌以三七%的支持度領先蘇貞昌的三一%;趨勢發現,蘇支持度下滑近一成。

就當選聲勢來看,蘇郝兩人幾乎並駕齊驅。目前有二八%的人看好郝龍斌勝選,也有二九%覺得蘇貞昌贏面較大,四三%無法判斷。link

 現時点の世論調査では、国民党側立候補者のほうが、民進党の蘇貞昌よりも6%高いという結果だと発表している。 

 蘇貞昌は次回の総統選挙の民進党側の有力候補のひとりだ。どうやら新北市長の場合、次回の総統選に出馬する機会を失い、それ以上に、敗北した場合、政治的影響力を失うことを恐れているようだ。

 台北市の場合、もともと民進党側が勝利するのは困難であることは自明で、敗北しても、総統候補の道が閉ざされることはないという見方のようだ。

Saitoimport製の自転車ウェアが安い

 コストパフォーマンスの高い自転車ウェアを物色中で、最近Amazonで売っているを購入。

 ジャケット、タイツが¥ 3,980、かなりお買い得な値段。

ブランド製品でなく、デザインもありふれたものだが、逆に言えば、派手な自転車ウェアが苦手な人にはちょうどいいといえそう。

とくに、3Dパッドタイツは長時間、自転車を乗る際には、履いていると、かなり楽だ。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »