Twitter

Amazon

無料ブログはココログ

« 中国で、台湾を結ぶ高速鉄道を計画中? | トップページ | 最新の台湾世論調査、馬英九の支持率低迷中 »

2010.03.15

最近、Twitterを始める中国人民主運動家や知識人が増えてきている

 中国大陸内のネット世論といえば、日本の某BBSと同様に極論が多く、排外主義、愛国主義的な投稿にあふれていて、荒涼としたネット世論を作り出している。

その一方、最近、中国の民主運動家や知識人が続々とTwitterの利用を始めていて、興味深い状態になっている。

とりあえず、Twitterで見つけた中国人知識人

王丹 1989年の第二次天安門事件の学生指導者の一人。 

王力雄 作家。北京在住のチベット人作家 Wiki

ツェリン・オーセル 中華人民共和国・北京市在住のチベット人作家(国籍:中国)。原籍は東部チベット・カム地方のデルゲ。北京在住の中国人作家・王力雄の妻。 Wiki

曹長青 中国出身、現在米の評論家 Wiki

長平 作家、評論家 

ウーアルカイシ 1989年の第二次天安門事件の学生指導者の一人。現在は大学で教職

馮正虎 人権活動家、成田に90日間、デモした本人

 上記はその一例に過ぎないが、最近、Twitterをやる中国人が増えていて、中国語で、活発な意見交換がなされている。#ppwlxなど。

また中国各地で起きた暴動や、運動なども新聞やTVなどマスメディアよりも早くTwitterで知ることが増えてきている。例えば、3月12日に起きた広州黄埔でタクシー運転手が交通警察官に殴打され、大けがを負い、最終的に死去したその事件がきっかけに数百人規模の抗議が行われた。


201003151652.jpg

この事件は日本のメディアを探したところ、報道したところはなく、中華系メディアが報道しただけだ。一方、Twitterでh、#gzchuzu のハッシュタグで現地の様子などが続々と伝わり、何が起きているのか、よく理解することができた。

 このように、中国本土の荒涼としたBBS文化とは異なる人たちがTwitter利用を始めていて、現代の中国を理解するために、非常に面白いツールになってきている。

« 中国で、台湾を結ぶ高速鉄道を計画中? | トップページ | 最新の台湾世論調査、馬英九の支持率低迷中 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国で、台湾を結ぶ高速鉄道を計画中? | トップページ | 最新の台湾世論調査、馬英九の支持率低迷中 »