Twitter

Amazon

無料ブログはココログ

« iTunesの新しいアイコンが不評らしい。 | トップページ | 中国民間団体が尖閣諸島にデモ航行の予定 »

2010.09.11

中国社会は詐欺、偽造に寛容すぎるのではというのコラム

 最近の中国はあらゆる人気商品の偽物が市場に氾濫している事がよく知られている。まあ日本も戦後直後の混乱期でも贋物、やまがい物が市場に出回るのは珍しい事ではなかったかもしれない。しかし日本では高度成長とともに、そうしたまがい物は淘汰されていった。しかし中国の場合、高度成長を遂げる一方、まがい物の商品は減るどころか、増える一方で、ますますひどくなる一方だ。

 しかしこうした偽造行為は、モノだけに留まらない。経歴の偽造、論文の剽窃など、何から何まで、偽物だらけなのだ。

このような中国の偽物が横行する中国の現状について、BBC中文版で、なぜ中国では偽物だらけなのか、少し興味深いコラムを載せてきたので、ちょっと翻訳してみた。元ネタはこちら

中国社会は詐欺、偽造に寛容すぎる

 9月6日、朝、パソコンを開いて、中国のネットニュースを見ていると、偽物に関する二件のニュースが目に付いた。
 一つ目のニュースは中国民航局が2008年から2009年まで、民間航空会社のパイロットの資質に対する全面的な調査の結果、多くのパイロットの飛行経歴が事実ではない事が判明し、経歴を偽っていた者が200名もいた事が判明した。
 中国メディアの報道によれば、この事実は8月24日に起きた「伊春飛行機事故」に対する中国民間航空局の初歩的な分析で、ようやくパイロットの能力と資質の問題が浮上してきた。
 二つ目のニュースは北京科技大学の情報学院の学院長の尹怡欣教授が執筆した八つの論文に盗作の疑いがあることは分かったという報道だ。2005年から2009年の間に発表された八篇の論文は、尹怡欣が執筆したのではなく、他の人が執筆したものだった。

 怡欣教授はメディアの取材に対し、「剽窃の疑いのある論文はみな、指導していた研究生、博士が書いたもので、発表する際、自分の名前で発表し、自分は指導教授、あるいは作者として署名していただけで、、「連帯責任があり、少なくともチェック体制にと問題があった」と応えた。
氷山の一角

 一つの目のニュースで、注意に値する点は、中国民航局が2008年から2009年の調査で、すでに200名のパイロットの経歴に偽造があった事が分かっていた。しかし8月24日に大きな飛行機事故が起きた後、緊急電話会議で、ようやくこの事実が公表されたという点である。
 ようするに、大規模な飛行機事故が起きてようやく経歴偽造の問題が注目を集めたと言う事だ。これは牛乳にメラニンを混合していた事件と似たような構造で、児童が死亡してようやく政府当局が動いた
 二つ目のニュースが大きく注目されたのは、権威ある有名大学の院長で教授だからだ。この事実は学術界で剽窃行為がいかに氾濫しているのかよく分かるニュースだ。しかしこれもニュースが氷山の一角に過ぎないのかもしれない。
先日、河南省が「曹操の墓」を発見したという発表の後、その真偽を巡る論争が尽きない。

 最新の報道によれば、河北籍の学者が、河南省安陽の「曹操の墓」の発掘が偽造であることを示す「確かな証拠」があると発表した。しかし現地の政府関係者はその証拠自体は偽証で、その学者を起訴する可能性を考慮していると発表した。

 中国では過去数十年間、多くの考古学的に重要な発掘があった。しかし「曹操の墓」のような真贋を巡る論争は珍しい事だ。これは「曹操の墓」が盗掘されていて、そのため、論争を巻き起こしたともいえるが、ある社会学者はこの騒動が起きる背景として、中国社会全体に誠実さ、信用が著しく欠けていることが原因にあると指摘している。
 信用の連鎖

 今年の春、中国で友達と食事をとった際、私はワインをとり出し、これはイギリス産のワインだ、皆の口に合えばいいのだがと話したところ。 友達の一人が、「このワインが本物だという保障はあるのか?」と聞いてきた。 それで私はこの酒は信頼できるチェーン店の保障がありして、私は、イギリスのの店で買ったこのワインは信用できると答えた。私は購入したワインショップを信用している。ワインショップも自分の仕入れ係を信用している。そして仕入れ係はワインセラーを信用している。こうした信頼の連鎖中で一人でもでも、信用を裏切るような事がすれば、ペナルティーを受ける事になるだろう。
「仕入れ係や、ワインショップにはどんなペナルティがあるんだ。」「仕入れ係は仕事を失うかもしれない、このチェーン店の一年の売り上げはだいたい200億ポンドあって、もし店が信用を失うようなことをすれば、そのリスクは考えるだけで大変だ、そのため店ではあらゆる方法で偽物を排除し、万が一を防ごうとするだろう。」「じゃあ、君自身にはどんなペナルティがあるの」「もし、これが偽物だったら、僕は君の信用を失って、今後、僕の話を信じなくなるだろう。」
中国社会は偽造に対し寛容すぎる

 下水油から西太平洋大学問題など、偽物の氾濫は中国で社会各層に広がっている現象だ。こうした状況は中国社会全体が偽造、偽物に寛容すぎると嘆くしかない。
 中国で偽造を行った者に対する処罰は非常に寛容で、驚くばかりだ。例えば学歴を偽造していた企業の幹部の一人は、その事実がバレた後、「一人が騙されただけでなく、みんなが私に騙された。これは一つの能力であり、成功した証でもある」という信じられないような発言をしたのである。
 もし正常な社会ならば、このような詐欺師は、厳格な処罰を受けるだろう。しかし同時に極端すぎる処罰でもないだろう。牢獄に送られる事はないかもしれないが、嘘つきというレッテルを貼られ、社会的制裁をうけるだろう。再チャレンジする機会まで奪われる事はないが、間違いを認めた上で、キャリアのスタート地点まで戻る必要があるだろう。 中国がこのような、偽造を容認するような風潮が変わらなければ、安全な生活環境を整える事も出来ないだろうし、下水油事件や、メラニン混入事件などの事件が今後もおきるだろう。

« iTunesの新しいアイコンが不評らしい。 | トップページ | 中国民間団体が尖閣諸島にデモ航行の予定 »

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« iTunesの新しいアイコンが不評らしい。 | トップページ | 中国民間団体が尖閣諸島にデモ航行の予定 »