Twitter

Amazon

無料ブログはココログ

« 台湾の抗議船が尖閣諸島にデモを行ったとの事 | トップページ | 中国はまもなく一人っ子政策を変更するのではとBBCの報道 »

2010.09.15

日本メディア、台湾での記者会見中「いっそ、中台が統一すればいいだろ」と発言、台湾で物議。

 日本の記事では、表面的な記事しか出てこないけど、台湾の外務省は尖閣諸島に向かった漁船を日本側が阻止した件について記者会見を開いたところ、日本人記者は厳しい質問を繰り返し、会見はかなり荒れ、一悶着があった模様。

日本の報道は以下の通り。
尖閣、日台関係に波及 船妨害と日本側に抗議
中国漁船・尖閣領海内接触:中台共闘、日本に抗議 「民族の利益守れ」


自由時報の報道によれば、記者会見中、日本人記者は「台湾当局はなぜ漁船の出港を許可したのか。」きびしい口調で、質問したところ日本人記者に対し、「釣魚台は台湾のものだ、なぜダメなのか。」とヤジを飛ばす台湾人記者も現れ、会見の雰囲気は最悪に。
 さらに日本側の記者から「尖閣諸島問題では中国と台湾が提携して日本に圧力を加えているのか。」と質問。台湾外務省は双方の動きは関係ないと発言し、中台の提携を否定した。しかし日本人記者は尖閣諸島の主権が台湾にあると主張するのならば、中国漁船が尖閣諸島で漁を行った際、なぜ台湾は中国側に抗議しないのかと質問したところ、「中国大陸は両岸関係に属し、この質問については両岸関係を受け持つが回答する。」というあいまいな回答に留め、言葉を濁した。この回答に日本人記者はいらだちを隠さず、「いっそのこと、統一すればいいではないか。台湾には主権がないのか」と発言した。
 台湾人記者にとって、こうした日本人記者の態度は横柄に見えたらしく、会見後も日本人記者の態度は、外務省に対する「侵門踏戶」だと不満を漏らす記者が相次いだとの事。
 ちなみにこれは民進党寄りの自由時報の記事。 台湾内部では政治的立場に関わらず、尖閣諸島の領有権は台湾のものだと言う点では一致している。 まあ、領土問題というのはナショナリズムをもっとも刺激する問題で、日本でも政治的立場に関わらず、領土問題では一致しているのと同様と言うべきか。
 それともう一つ事は台湾人記者の日本人記者に対して、横柄ではないかという不満がある。 これは今に始まった問題じゃなくて、中国での記者会見では猫をかぶっている日本の新聞社も、台湾での記者会見ではいつも高圧的で、こうした日本メディアのダブルスタンダードだという不満が台湾側にあるようだ。
 ただ馬英九政権が尖閣諸島問題を通じ、中台両国の連携を強めていきたいという思惑があるのは明らかで、日本にとっても、共産党と国民党の挑発に乗るのも、相手の思うつぼという難しい所じゃないかなと思うわけです。

« 台湾の抗議船が尖閣諸島にデモを行ったとの事 | トップページ | 中国はまもなく一人っ子政策を変更するのではとBBCの報道 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台湾の抗議船が尖閣諸島にデモを行ったとの事 | トップページ | 中国はまもなく一人っ子政策を変更するのではとBBCの報道 »