Twitter

Amazon

無料ブログはココログ

« 高金素梅が11月4日尖閣諸島に海軍とともに巡視を計画? 高金素梅が11月4日尖閣諸島に海軍とともに巡視を計画? 高金素梅が11月4日尖閣諸島に海軍とともに巡視を計画? | トップページ | 中国がASEANで窮地に?という中国語記事 »

2010.10.29

東京国際映画祭で中国代表と台湾代表







  10月23日から東京国際映画祭が開かれている。今年は「台湾電影ルネッサンス2010〜美麗新世代」という、大々的に台湾映画をフィーチャーした部門も開かれ、最近、元気を取り戻しつつある台湾映画界にとって大きな一歩ともいえる。オープニングのグリーンカーペットを台湾映画界を代表する監督や、ビビアンスーなど台湾芸能人も参加する予定だった。しかし中国側のクレームで参加できなくなるというハプニングが起きた。


 このトラブルはイベントの開始直後に中国側の江平監督が「台湾は中国の一部であり、台湾の出席者に『台湾』の名称が使われているのは不適切だ」と主催者側に詰め寄り、「『中国台湾』か『中華台北』を使用しなければボイコットする」と主張し、台湾の参加を拒んだ。


 映画祭の主催側は当事者間で話し合うようにと取りなしたが、中国側は聞く耳を持たず、さらに会場で中国側の江平が台湾側の代表が公衆の面前で言い争いになった。中国側は台湾側に対し、「お前らの映画が中国で売れなくなってもしらないぞ」と高圧的に迫り、こうした高圧的な中国側に対し、台湾側は芸術に政治問題を持ち込むべきではないと反論し、中国と妥協することを拒んだ。しかしトラブルのため、台湾はグリーンカーペットに参加する事ができなかった。


 その様子の一部始終は台湾のニュース番組で報道され、中国側の横暴な態度に台湾国内では強い反発が起きている。


台湾政界の反応


野党 台湾民主党主席の蔡英文


 「今回の出来事は私たちの主権に対する中国の圧力はまったく緩和していないという現実を私たちに改めて認識させました。我々が妥協し、中国の歓心を多少得ても、なんの役にもなっていません。」と答え、さらに、「中国に対し、無邪気な幻想を抱くのは止め、中国の台湾の主権に対する圧力という事実を認識すべき」だと近年の馬政権の親中政策を批判している。


 野党側だけでなく、与党である国民党も今回の中国側を厳しく批判している。


台湾行政院長吳敦義


中国代表団は横暴で、理性的なやり方でなかった。さらに言えば中国代表団団長の江平の重大な過ちで、わが方の代表団の反論は正しい。中国大陸は中華民国の主権は揺るぎない事実である事を認めるべきだ。と厳しい口調で、中国側を非難している。


 総統府スポークスマンも今回の事件について、「台湾人民の感情を大きく傷つけ、両岸の平和的な発展を阻害する」と述べ、「中国は無視せず、修正し、台湾に対する圧力を停止すべきだ」と発言している。


 経済的な中台の融和がすすんでいるが、実際には引き続き、中国は台湾の国際社会に関与する事に圧力をかけていることを示している。政治活動はもちろんのこと、スポーツ、文化活動、あらゆる分野で起きている。


 今回の事件では、公衆の面前で中国側が横暴な態度で台湾に詰め寄る様子が放送され、改めて中国の横暴な態度を目にする事になった。このような屈辱を受けた台湾側では今回の事件を、政治的立場に関わらず、強く非難している。


 しかし最近の中国の増長はすごいね。とくに金融危機以降、中国は元安に支えられて、いち早く回復し、バブル景気を謳歌中で、影響力の増加とともに、近隣諸国との軋轢は増える一方だ、中国はいったいどこへ向かうんだろうね。


« 高金素梅が11月4日尖閣諸島に海軍とともに巡視を計画? 高金素梅が11月4日尖閣諸島に海軍とともに巡視を計画? 高金素梅が11月4日尖閣諸島に海軍とともに巡視を計画? | トップページ | 中国がASEANで窮地に?という中国語記事 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/614/49880627

この記事へのトラックバック一覧です: 東京国際映画祭で中国代表と台湾代表:

« 高金素梅が11月4日尖閣諸島に海軍とともに巡視を計画? 高金素梅が11月4日尖閣諸島に海軍とともに巡視を計画? 高金素梅が11月4日尖閣諸島に海軍とともに巡視を計画? | トップページ | 中国がASEANで窮地に?という中国語記事 »