Twitter

Amazon

無料ブログはココログ

« 最近、購入した自転車グッズ | トップページ | 台湾主要都市の首長選挙結果 »

2010.11.26

台湾の首都選挙の前日に銃撃事件が発生

11月27日に、台湾の主要5都市の首長選挙が行われる。
今回の選挙では台北市、新北市(旧台北県)、高雄市、台中市、台南市の選挙だ。馬政権が発足して二年、その成果が問われる選挙だ。 高雄、台南という南部は元々民進党の勢力が強く、今回の選挙でも民進党側が優位に選挙を進めていて、焦点となっているのは台北、新北、台中という国民党の支持基盤の都市だ。  馬政権は支持率が低迷気味で、さらに国民党の汚職疑惑などで、国民党系首長に対する支持が低迷し、民進党が優位かという観測もあった。

驚傳槍擊喋血案!連勝文今(26)晚連趕選前之夜站台助講,晚間8點20分左右突然遭到一名林姓男子開槍,隨即緊急送往永和耕莘醫院、隨後轉往台大醫院急診室接受緊急手術。中選會隨後強調,27日舉行的新北市市長、議員及里長三合一選舉仍將繼續舉行,不受影響。 http://www.nownews.com/2010/11/26/301-2668313.htm

そうした中、国民党の名誉主席連戦の息子、連勝文が銃撃されるという衝撃的な事件が発生。連勝文自身は重傷を負ったものの、生命には別状はない。しかしそばにいた支持者の一名が死亡するという事件が発生。

 襲撃したのは台湾マフィアの林という男で、動機はまだ不明。

間違いなく、選挙に影響を与えようとする思惑があったのではと考えられる。

 

以下は個人的感想。

 台湾ではマフィアによる賭博が盛んで、選挙も賭博の対象だ。個人的には今回の事件は、あんがい、選挙賭博と関係あるのではというのが、個人的な見方。

 前回の地方選挙では、馬英九政権に不満を持つ国民党支持者が投票に行かないという行動が目立ち、国民党は票を大幅に減らしていた。しかしこの銃撃事件で、そうした層がやはり国民党に投票し、国民党に対する同情票が増加するのではと考えられ、今回の事件は少なからず、明日の選挙結果に影響をあたえるだろう。

 はてさて、台湾の明日はどうなるやら

追加

 犯人の目的は市会議員候補者の陳鴻源が目的で、連勝文本人を狙った事件ではなかったとのこと、候補者と土地絡みのトラブルがあり、その報復で、選挙前日に銃撃したとのことだ。台湾の暴力団問題というのは、非常に深刻な問題だと聞いているが、こうした選挙前日を狙って攻撃するというのは極めて悪質な状況ですね。

 警政署昨晚表示,初步調查,嫌犯是針對候選人陳鴻源,警方已下令全面加強候選人安全與維安措施。林嫌 應訊時供稱,他與陳鴻源的父親有土地糾紛,多次到競選總部找陳家父子解決,對方都避不見面,昨得知陳鴻源有造勢場合便跟著上台,他不認識連勝文,當時以為 連勝文就是陳鴻源,根本不知道殺錯對象。

據了解,陳鴻源選前曾接獲恐嚇信函,對方得知陳家名下建設公司在台北市推動的都市更新案,要求分一杯羹、索求數百萬元處理費,揚言若不給,選舉將屆,將對其不利,陳鴻源已向警方報案。

槍擊案發生後,馬英九總統、民進黨主席蔡英文以及朝野都譴責暴力,要求警政署儘快破案。蔡英文並要求國民黨,身為執政黨應對此負起最大責任,更不要藉機做任何的選舉操作與煽動。

« 最近、購入した自転車グッズ | トップページ | 台湾主要都市の首長選挙結果 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/614/50144425

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾の首都選挙の前日に銃撃事件が発生:

« 最近、購入した自転車グッズ | トップページ | 台湾主要都市の首長選挙結果 »