Twitter

Amazon

無料ブログはココログ

« 中国のオークションサイトで、ハッキングされたiTunesアカウントが販売。 | トップページ | 中国の失地農民について »

2011.01.08

Wikileaks曰く、「中国は自らの軍事力を過信し、些細な事件から大きな衝突に発展する危険性あり

 近年、中国が軍部の近代化を推し進め、急速に軍事力を増している事は知られている。そうした軍事力を背景に、南シナ、東シナ海での中国の影響力を強化しようとしている。

 そうした状況に対し、オーストラリアの情報機関は、中国は自身の実力を過度に評価している可能性があり、そうした過信がアジアの安全保障に重大な支障を来す危険性があると報告をしていたことがWikileaksの暴露で分かった。

 Wikileaksが暴露したオーストラリアのアジア情報によれば、中国は自身の実力を過度に評価し、小さな事件が大きな衝突を引き起こし、当該地域が不安定化する危険性があると報告していた。

 

 オーストラリアの情報局が執筆したレポートでは、中国の2006年度の軍事予算は700億ドルで、中国当局が公表していた数字の2倍も多い数値だ。

 オーストラリアの情報機関、国防部と外務省などが共同で執筆した2006年度のレポートではオーストラリア外務省を通じ、アメリカにも渡され、中国の軍事拡張行動は、自身の防衛と、台湾の干渉に必要な軍事力をすでに越えていると分析している。

  レポートでは、中国はすでに区域内の関係国家にとって、重大な脅威となっており、中国軍の現代化の推進とともに中国の軍事力はますます強大な力を有するようになってきている

 そして中国の軍事力がますます増強されているが、現在の中国解放軍は作戦経験に乏しい。さらに中国国内ではナショナリズムがますます高まっており、中国の民衆は、中国の世界における地位のさらなる向上を渇望するようになってきている。

 このような情勢下で中国当局は自身の軍事的実力を過信し、衝突を引き起こす可能性がある。

 そしてこのような錯覚は判断を誤り、もともと小さな事件が大きな衝突を招く危険性があるとレポートでは警告している。

 すなわちの軍事力強化によって、中国の外交姿勢が変化し、予測外の危機を招く可能性があるとオーストラリアは分析していた事が分かる。

 オーストラリアは、流ちょうな中国語を使いこなすラッド首相が就任するなど、親中的な姿勢を強めていた。ところがWikileaksが暴露した報告からは、オーストラリアのしたたかな外交をみることができる。表面的では中国に友好的な姿勢をみせる一方、強大化する中国を強く警戒し、裏ではアメリカと密接に情報交換をしていたことがわかる。

 去年、尖閣諸島で起きた衝突事件では、中国の強硬な姿勢に日本は腰砕けになってしまったが、今回暴露されたレポートから、オーストラリアやアメリカでは、こうした中国が強硬な外交姿勢に転じる事に予測していたことが分かった。

 

 

  


« 中国のオークションサイトで、ハッキングされたiTunesアカウントが販売。 | トップページ | 中国の失地農民について »

コメント

中国は軍事力過大評価か=ウィキリークス―【私の論評】中国の海軍力は日本にとっては、でくのぼう水準だが・・・・・!!

ブログ名:「Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理」

こんにちは。ウィキリークスによって漏洩された米外交外電によれば、中国は自国の軍事力を過大評価しているようです。これが、新たな火種になることが懸念されます。しかし、軍人の士気とか、訓練度合い、優れた兵站、さらには、軍事技術、兵器の優劣、軍隊の運用方式などが異なれば、同じ軍事力であっても、雲泥の差ということになります。中国はこのあたりを勘違いしている可能性もあります。日本のマスコミが盛んに危機を煽る中国海軍も、日本の軍事技術からいえば、いまのところ日本にとっては、無きに等しいものといっても良いものです。しかし、こうした日本の優位性も、自衛隊法の不備もあり、せっかくの優秀な自衛隊の哨戒能力や、潜水艦の対潜能力が活かされないということになりかねません。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国のオークションサイトで、ハッキングされたiTunesアカウントが販売。 | トップページ | 中国の失地農民について »